Yahoo! BBトリオモデム3-G plus ポート転送設定の説明

YBBルータのポート転送項目にポート開放に必要な情報を入力して設定するのですが、専門用語で非常に分り辛いと言うご質問を頂きますので何をどう入力するのか少し詳しく説明させて頂いております。

入力説明

  1. 有効/無効:ポート開放設定を行う際は必ず「有効」に変更します。▼ボタンをクリックして有効に選択することが出来ます。そのまま右方向に入力設定を行います。
  2. プロトコル:開放するポートの種類を選択します。不明な場合はゲームの場合はUDP それ以外はTCPとして設定してみてください。
  3. WANポート番号 : 開放するポート番号を入力します。例えば「1000」番を開放する場合は 1000-1000とします。例2:1000-5000 とすれば1000~5000までの間が全て開放されます。備考、範囲設定する場合は同様にWAN側も同じように数値を入力すれば範囲設定とすることが可能です。もちろんポート変換も可能
  4. LANポート番号:上記のWANポート番号で指定した番号と同じものを入力します。例「1000」と指定した場合1000-1000 とし 例2の1000-5000 とした場合も同様に 1000-5000とします。
  5. 転送先IPアドレス : 利用するパソコンのIP番号を入力します。※利用するパソコンのIP番号を調べる方法サンプル。VISTA。その他PS3

設定したサンプル画面。

スポンサーリンク

備考、No2から設定していますが、表示の関係でNo2からの設定となっております。通常はNo1から設定してください。複数のパソコンのIP番号を開放設定する際は、以下のように転送先IPアドレス別に開放設定をおこなえばOKです。

上記を踏まえて例えば自宅サーバの外部アクセスポート番号を変換させたい場合は

  1. 有効
  2. プロトコルTCP
  3. WANポート番号「8080」-「8080」
  4. LANポート番号「80」-「80」
  5. 転送先IPアドレスはサーバのIPアドレスを指定します。

上記の様に設定すれば、LAN側から通常のローカルサーバIPアドレスでアクセス可能ですし、外部からアクセスする場合は例えばmyhost.comアドレスであれば、http://myhost:8080とポートを指定することで内部サーバへアクセス可能になります。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする