WZR-HP-G302H ストリーミングNASポート開放

バッファロー高機能Wi-Fi無線LAN対応WZR-HP-G302Hブロードバンドルータでご質問の多いコンテンツのポート開放設定手順の説明です

設定手順

ポート開放するパソコンのIPアドレスを192.168.11.150に固定しポート変換設定画面を開いて下さい。詳しくはWZR-HP-G302H ポート開放を参照。設定できたらコンテンツ別に参照下さい。

QuickTimeStreamingServer

QuickTimeStreamingServerMACOSXで利用出来るストリーミングサーバサービスです。http://ホスト名:1220/へのアクセスで動画関連を配信することが可能になります。DDNSを利用するとドメイン名でサーバへのアクセスを利用することが可能です

  • 新規追加任意例strm
  • 任意のTCPポート
  • 任意のTCP/UDPポート1220
  • LAN側IPアドレス192.168.11.150
  • 新規追加

スポンサーリンク

PeerCast

PeerCast IM、PeerCastカスタム版。wmv/ogg音声動画配信を可能とするストリーミングアプリケーション。

  • 新規追加任意例pc
  • 任意のTCPポート
  • 任意のTCP/UDPポート7144
  • LAN側IPアドレス192.168.11.150
  • 新規追加

torrentポート開放

BitTorrentかμtorrent、BitComet何れも設定手順同じです。手順としましてはBitTorrentポート開放を参照し、自身のパソコンにセットアップされているBitTorrentのポート番号を確認します。ここではtorrentのポート番号を62799として説明します。

スポンサーリンク

  • 新規追加任意例bt
  • 任意のTCPポート
  • 任意のTCP/UDPポート62799
  • LAN側IPアドレス192.168.11.150
  • 新規追加

NASポート開放

内蔵NASサービスを使う場合で、上流にルータがある場合。注意、例えばNTTモデムにルータ機能がありG302Hを追加してNASサービスを用いたファイルサーバに外部アクセスする場合は必ず下記のLAN構成でお願いします。図サンプルの青いLAN差し込み(インターネット接続端子)とNTTルータやYAHOOルータと繋いで下さいその上で上流にあるルータへポート開放します。

手順はまずG302HのWAN側IPアドレスを確認します。次にG302HへNAS共有設定を行います。次にNASメニューを開き、webアクセス設定画面を開き下記の様に設定します。webアクセス使用する、webアクセス外部ポート8080、ホスト名ですがBUFFALONAScomとDDNSの設定は二重ルータ環境では使えません。手動でlocalhostとします。

設定出来ましたら、上流ルータ例えばNTTのRT-S300NE光ブロードバンドルータであれば以下のように設定します。備考BUFFALO本体にはポート開放設定は不要です

  • 変換対象プロトコルTCP
  • 変換対象ポート8080
  • 宛先アドレスは確認したWAN側IPアドレスを入力

上記で設定完了ですが、接続先グローバルIPアドレスに:8080を付加する必要があります。

例えばグローバルIPアドレスが100.100.100.100だとした場合NASへ外部からアクセスする場合は以下のようになります。

  • http://100.100.100.100:8080

ポート番号を付加して接続します。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする