WZR-HP-G302H ポート開放

バッファロー高機能Wi-Fi無線LAN対応WZR-HP-G302Hブロードバンドルータのポート開放手順の説明です。特徴としましては、PPTP簡単VPNサーバ機能を搭載、NASファイルサーバ対応、USB接続タイプのプリンターサーバ対応、NASを併用したBittorrentダウンローダー搭載した有線(1000BASE-Tギガビット対応)LAN、IEEE802.11n/g/b最大300Mbps無線通信対応のブロードバンドルータでAOSS無線対応なので簡単にPSP、PS3、PSvita、AndroidをWi-Fi接続させることが可能です。。全ての物理回線インターネットに対応フレッツやeo光、YAHOOBB、CATV等。その他ユーザーレビューはアマゾンBUFFALO 11n/b/g対応 ハイパワー 無線LANルーター AirStation単体 WZR-HP-G302H
が参考になります。

設定手順

フレッツ光り回線でプロバイダにぷららご利用の場合はぷららポート開放を行ってから作業下さい。また前のページにも説明ありましたが二重ルータの場合以下の設定を行っても解決しません。またWAN側IPアドレスを確認し二重ルータでは無いことを確認の上設定下さい。

まずパソコン側のIPアドレスを固定してしまいます。例(Windows7IPアドレス固定を参照)

IPアドレス:192.168.11.150

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.11.1

DNS:192.168.11.1

スポンサーリンク

設定画面を表示する

エアーステーションツールもしくは、http://192.168.11.1/をブラウザに入力する事でログインする事が出来ます。

ログインする際に入力が必要なのはユーザー名のみです。PS3で設定する方はこちらを参照(プレイステーション3 ルータの画面を開く方法を参照)

ユーザー名 root

パスワードは空欄(ご本人が何か設定した場合は設定されたパスワードを入れてください。)

上記の方を入力でログインする事が出来ます。

スポンサーリンク

設定画面を表示したら、ゲーム&アプリからポート変換を表示します。

ポート変換画面が表示されたら新規追加からポート開放情報を入力していきます。

  1. 新規追加任意の名称入力
  2. 任意のTCP又は任意のUDPを選択します
  3. 指定のポート番号を入力
  4. LAN側IPアドレスはポート開放するPC他クライアントのアドレス
  5. ポート変換する場合内部側のポートを指定すれば変換可能です

それでは一般的なWEBサーバ用ポートを開いてみましょう。プロトコルは任意のTCPでポート番号は80番(試行頂く場合はWEBサーバツールが必要です。インストール不要なANHTTPDがお勧めです)

入力項目説明

新規追加に任意の名称を入力します 例 anhttpd

WAN側IPアドレス:デフォルトのまま設定変更してはいけません。

プロトコル TCP/UDPにチェックを入れます。

任意のTCPポートを選びます

任意のTCP/UDPポート80

LAN側IPアドレスは開放したいパソコンやネットワーク対応機器のIPアドレスを入力します。

冒頭固定頂いた192.168.11.150を指定

後は入力する必要はありません。設定できましたら新規追加ボタンをクリックして作業完了です。

説明は以上です。

ポート変換させたい場合。例えばネットワークカメラ又は簡易ファイルサーバを開く際に通常のhttpポートでは開かないようにしたい場合以下の様に設定します。

  1. 新規追加any(任意)
  2. 任意のTCPポート
  3. 任意のTCP/UDPポートは8080とします
  4. LAN側IPアドレス192.168.11.150
  5. LAN側ポートを80番とします。

以上で設定完了です、後はカメラの場合であればUPnPを無効にすれば次の様にアクセスできます。アクセス先ホストアドレスに:8080を付加で内部サーバ80番へのアクセスが可能になります。

  • http://グローバルIPアドレス:8080

その他の設定

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする