Aterm BH812V UDPポート開放

Aterm BH812V光ブロードバンドルータが設置されている環境で、UDPポート開放を行う必要がある場合の設定資料です。尚もしも無線でインターネットへ接続している場合はもしかしたら二重ルータ環境になるかもしれなしので、所定のIPアドレスに固定してインターネットに繋がらなくなった場合は二重ルータの可能性があり一般の設定手順ではポート開放することが出来ませんのでご注意下さい。

準備 IPアドレスを固定する

ポート開放するクライアント(パソコンなど)のIPアドレスを固定します。

IPアドレス:192.168.0.211

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.0.1

優先DNS:8.8.8.8

代替DNS:8.8.4.4

IPアドレスを固定できたら必ずパソコンを再起動下さい。

スポンサーリンク

設定画面を表示する

Aterm BH812V ポート開放説明を参照し、詳細設定からポートマッピングを開きます。

NATエントリ項目よりコンテンツ別に説明を参考にポート開放を行っていただくことが可能です

スポンサーリンク

東方緋想天 UDPポート開放

  1. エントリ番号 1
  2. プロトコル UDP
  3. 変換対象ポート 10800
  4. 宛先アドレス 192.168.0.211
  5. 編集
  6. 設定反映

次にこちらへジャンプして下さい。

xlinkkai UDPポート開放

xlinkkaiですがリンク先を参照しUSB無線LANが用意出来ているか等を確認してから設定下さい。

  1. エントリ番号 1
  2. プロトコル UDP
  3. 変換対象ポート 30000
  4. 宛先アドレス 192.168.0.211
  5. 編集
  6. 設定反映

次にこちらへジャンプして下さい。

UDPポート開放をチェックする

次にUDPポート開放チェックを参照し回線チェックツールからxlinkkaiの方は手動ポート30000と変更、東方緋想天の方は手動ポート10800に変更し回線チェック。手動ポート利用可とあればオンラインで楽しむことが出来るようになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする