BLR-TX4L ポート開放の説明

バッファローの有線ルータBLR-TX4Lでのポート開放説明です。

ルータを設定する画面を表示するには、

http://192.168.0.1/のアドレスをInternetExplorerのアドレス欄に入力してEnterキーを押します。

ログイン画面が表示されるので、ユーザー名に admin と入力

パスワードは設定されていなければ空欄のままでログインしてください。

正しくログイン出来ましたらルータの設定画面を表示する事が出来ます。

設定画面が開きましたら、詳細設定を一度クリック頂くとメニューが表示されます、その中にあるアドレス変換設定メニューを選択してください。

以下のアドレス変換テーブルの追加と言う設定画面にポート開放設定を入力します。

1から12までありますが、2から12までが個別開放で、1番はDMZ設定になります(ポート全開)

ルータの機種が古いのでマニュアルにはUDP項目の説明がありませんでした。よってUDPの情報を入力しても、開放されない場合はDMZ設定を試してください。DMZは仮想グローバルIP通信となり全てのポートと全てのプロトコルを制限無く通信する事が出来ます。

スポンサーリンク

以下、DMZの設定サンプル 機器のIPアドレスが192.168.0.10だった場合

入力できましたら「設定」ボタンを選択して作業完了になります。

設定サンプル

開放する機器のIPアドレス 192.168.0.2

開放番号 3000

プロトコル TCP (設定画面にはプロトコルを指定する項目はありません)

スタートポートとエンドポートにそれぞれ3000と入力し、LAN側アドレスには開放する機器のIPアドレス192.168.0.2と入力すれば作業完了になります。

大きく開放する場合機器のアドレスは上の物と同じとします。

ポート番号を 5730から5739まで全て開く必要がある場合、以下の様に入力すれば広範囲に開く事が可能となります。

尚、2から12まで複数個別の設定は可能ですが、番号を重複して設定してはいけません。

設定が完了出来ましたら、XPやVISTAご利用の場合、ファイヤーウォールの設定から例外ルールの作成もしくは停止

パソコンウイルス対策ツール導入であれば、パーソナルファイヤーウォールから例外ルールの適用を作成しなくてはならないです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする