Aterm BR1500H ポート開放の説明

NEC Aterm 有線LANルータBR1500Hのポート開放説明です。設定前に開放したい機器(パソコン又はプレイステーション3等)のIPアドレス又はマックアドレスを確認。及び開放するアプリケーションのポート番号等をお調べ頂いた上で設定作業を開始してください。

設定手順の説明

パソコンからルータ設定画面にアクセスをします。

InternetExplorerアドレスにADSLモデムアドレスを入力してクイック設定WEB画面を開いてください。

アドレス「http://192.168.0.1」もしくは「http://web.setup」

ユーザー名&パスワード入力画面が表示されます。

ユーザー名「admin」

パスワード **** が入っているならそのままログイン 空欄であれば「admin又は任意で設定頂いたパスワード」を入力ください。

エラーになる場合はこちら(ルータやモデムにログイン出来ない場合)を参照ください。

スポンサーリンク

設定画面が開きましたら、詳細設定からポートマッピングを選択してください。

以下がポートマッピング設定画面です。下の方にある【NATエントリ編集】項目にポート開放設定を作成します。

BR1500H ポートマッピング

設定サンプル

開放するパソコンのIPアドレスが192.168.0.2

ポート番号 7743

プロトコル TCP

スポンサーリンク

の設定を作成する場合。こちらは大きい画像サンプル

設定項目の簡単な説明

エントリ番号 1から選択 追加設定を作成の場合 2,3,4と繰り上がって選択し設定します。

変換対象プロトコル TCPかUDPを選択するのですが種類不明の場合はTCP/UDP両方を選択ください。

変換対象ポート 開放するポート番号を指定

変換対象ポートは 7000,8000 カンマを入れると二つ開放設定を作れますし 7000-8000 ハイフンを入れる事により指定値の番号全て開く事が出来ます。

宛先アドレス 開放したいパソコンやプレイステーション3等のIPアドレスを指定します。もしくはMACアドレスでも構いません。

MACアドレスで設定する場合のサンプル

宛先アドレスにIPアドレスではなく、MACアドレスで開放設定を作る事が出来ます。

設定サンプル

開放するパソコンのMACアドレスが 11-22-33-44-55-66

注:マックアドレスの-(ハイフン)をコロンに変えて入力します。(図参照)

ポート番号 7743

プロトコル TCP

入力完了出来ましたら、必ず以下の手順で設定を反映させて下さい。

最後の登録ボタンを押すとルータ再起動確認画面が出ますので、案内に従ってルータを再起動ください

上記の設定完了の後、パソコンご利用の方はファイヤーウォール設定解除も行って下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする