WHR-AMPG ブリッジモードにする方法

バッファロー無線ルータWHR-AMPGを簡単にブリッジモードにしたりルータモードに切り替える方法の説明です。

この動作モードに切り替える事で、モデム兼用ルータのネットワーク環境下に無線LAN環境を簡単に導入できます。

ブリッジモードとはルータ機能を停止し、無線HUBとして使用する方法になります。この手順を使用するとWHR-AMPGの本体アドレスは自動的に192.168.11.100に切り替わります。

もしブリッジ状態のルータへアクセスする場合は、パソコンのIPアドレスを以下の様に固定しルータへアクセスを行う必要があります。

IPアドレス:192.168.11.2

サブネットマスク:255.255.255.0

DNS:192.168.11.100

スポンサーリンク

アクセス作業完了の後、固定したアドレスは自動取得に戻さないとインターネットに繋がらなくなるのでご注意下さい。

又は以下に案内した切り替えスイッチを元に戻し、パソコンを再起動(IPアドレスは自動取得)すれば192.168.11.1へアクセスして設定画面を表示する事が出来ます。

モード切替手順の説明

WHR-AMPGの底面から切り替えスイッチで作業します。

AUTO(ルータモード)からBRI(ブリッジモード)にスイッチを切り替えるだけです。

後はパソコンを再起動すれば作業完了です。

元のルータモードに戻す場合

BRIからからAUTOに戻すだけです。作業が完了すればパソコンを再起動で完了。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする