Aterm WR6770S ブリッジモードへの切り替え

モデムにルータ機能がある環境でAterm WR6770S を繋ぐ場合はそのままだと二重ルーティング環境となり接続速度の低下やUPnP通信障害それにポート転送障害が出ます。これを回避するためにWR6670Sのルータ機能を無効化にするブリッジモードへの切り替え手順の説明です。

注意事項:この作業は一般の方が行うと家庭内全てのインターネットが繋がらなくなるおそれがあります。もしも復旧する自身がなくインターネット接続できなくなることが困る場合は専門の出張サポートサービスへご依頼下さい。

準備

必ず各種パソコンやその他ネットワーククライアントのIPアドレスが自動取得で有ることを確認下さい。

それから以下の作業はWR6770Sが初期化されてしまいます。何かのパケットフィルタ設定やMACアドレスフィルタ設定している場合は、設定完了後再設定する必要があります。

スポンサーリンク

ブリッジモード切り替え

IPアドレスの自動取得設定とされているかを確認できたらWR6770Sの設定を行います。

まずWR6770S本体のAC電源とLANケーブル類を抜き10秒待ちます

スポンサーリンク

次に本体のらくらくスタートボタンを押したまま

上記ボタンを押したまま電源を入れ、全てのランプが緑点滅するまで長押しします(Powerランプ以外)。

全てのランプが緑色点滅したららくらくスタートボタンを離します

スイッチを離してください。

作業が完了したらPowerランプ橙色点灯していることを確認下さい。問題なければブリッジモードへの切り替え成功です

後はLANケーブルを元の様に繋ぎ直して作業完了になります。パソコン含むネットワーククライアントはそれぞれ再起動して下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする