BRL-04M ポート開放

プラネックスルータBRL-04Mのポート開放説明です。一部ユーザー様情報によるとフレッツ光又はフレッツADSL、CATV回線限定ですがXlinkkaiを簡単に繋ぐことが出来るとの情報を頂きました。

もし該当のインターネット回線ご利用で、xlinkkia繋がらない方はこちらのルータへ買い替えいただく事で改善するかもしれませんのでご参考までに(BRL-04M 小型4ポート有線ブロードバンドルータ

管理者kagemaruも導入。自宅サーバDDNSにて安定稼働。

設定前の注意点

まず開放したいポート番号をご確認下さい。

また出来ればパソコンやポート開放するネットワーク接続対応機器(例:プレイステーション3)等のIPアドレスを固定設定下さい。

このルータをもともとルータのある環境に繋いでしまった場合は二重ルータ環境となり以下の手順を参照してもポートを開放することは出来ません。もしも何らかのトラブルでポート開放できない場合はこちらの接続状態を確認下さい。

スポンサーリンク

またプレイステーション3の方でフレンドを招待できない方はこちらの方の設定を行ってください。

スポンサーリンク

設定手順説明

まずルータの設定画面を表示します。

ルータログインアドレスhttp://192.168.1.1をブラウザのアドレス欄に入力しEnterキーを押します。

ルータの設定画面が表示されたら

ユーザー名:admin

パスワード:password

と入力しログインして設定画面を表示する事が出来ます。注意点としましてはユーザーを入力し自動的にパスワード欄に●●●●と何か入っていた場合は変更せずにそのまま一度ログイン試行下さい。エラーとなる場合は上のパスワードを正しく入力下さい。

設定画面が表示「されましたらまずNATメニューをクリックしてください。

以下のポートファード設定画面に設定情報を入力します。

ポート開放例

パソコンのIPアドレス:192.168.1.2

WEBサーバのポートを開きたい場合

プロトコルTCP

ポート番号80番

上記の設定例です

ルール名は任意の英数文字で指定します。

入力したら追加をクリックし、設定内容を確認して間違いなければ右上の保存をクリックしてください。

xlinkkaiの例です。(注意:開放するのはUSB無線アダプタを取り付けているパソコン側のIPアドレスです。)

説明は以上です

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする