どこでもWi-Fi プレイステーション3/4 ポート開放

ウィルコム提供のPHS方式でインターネット接続を可能とするWILLCOM どこでもWi-Fi [WILLCOM W-Value] WS024BF1プレイステーション3/4をポート開放する説明です。フレンドの招待が出来ない方やオンライン接続でエラーになる場合ポート開放で解決します。

注意:アドホックパーティのみポート開放で解決する事ができません。どこでもWi-Fiをブリッジに切り替えて対応頂く必要があります。

設定の準備

まずプレイステーション3のIPアドレスを固定します。

IPアドレス:192.168.11.150

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトルータ:192.168.11.1

DNS:192.168.11.1

上記の様に固定してから設定を作成してください。

次に必ずルータ側のUPnPを無効にしてください。

設定手順の説明

まずルータの設定画面を表示しゲームアンドアプリを開いてポート変換を開いてください。(どこでもWi-Fi ポート開放の説明を参照)プレイステーション3から設定され得る場合は(プレイステーション3 ルータの画面を開く方法を参照)

ポート変換設定画面が出ましたら、PS3の基本ポート開放設定を5つ作成します。

注:リモートプレイの方はこちらの一つの設定を作成すれば完了です。

図を参考にに設定頂く事で正しく完了出来ると思います。

プロトコル:TCP(このルータでは任意のTCPポートと言う名目が該当します。)

ポート番号:80

設定方法は図を参考にそのまま入力していくと良いでしょう。

Internet側のIPアドレス項目以外の赤い枠の項目全て入力もしくは設定を決めます。

まず新規追加:任意の英数で重複しない様に入力していきます。例 ps380

プロトコル:TCP/UDPに予めチェックは入ってます。右側のプルダウンメニューから任意のTCPポートを選択します。

任意のTCP/UDPポート:ここに開放したいポート番号を入力します。

LAN側IPアドレスは上で固定頂いたIPアドレス192.168.11.150を入力下さい。

プロトコル:TCP

ポート番号:443

スポンサーリンク

プロトコル:TCP

ポート番号:5223

以上3つの設定までが任意のTCPポート設定になります。以下からは任意のUDPポートの設定となりますのでプロトコル側の指定間違えないようにお願い致します。

プロトコル:UDP

ポート番号:3478-3479 ハイフンで区切って範囲指定します。

プロトコル:UDP

ポート番号:3658

以上5つまでが基本ポート開放の説明です。フレンドの招待が出来るか通信の状態が改善されたかを確認下さい。また以下のコンテンツに該当する方はそれぞれ専用の通信ポート開放を追加設定下さい。

コールオブデューティ(COD)

バージョン4の設定なので将来的に変更があった場合はメーカ指定のポート番号に変更してください。

プロトコル:任意のUDPポート

ポート番号:3074-3075 範囲指定の設定を一つ作成します。

メタルギアソリッド

メタルギアの場合UDP側とTCP側二つ追加作成頂く必要があります。

まず TCP側の設定ポート番号:5730-5733 範囲指定を作成下さい。

プロトコル:UDP

ポート番号:5730-5739 範囲指定を作成下さい。

バトルフィールドバッドカンパニー

ボイスチャット専用ポート。ヘッドセットない方は設定しなくて構いません

プロトコル:任意のUDP

ポート番号:6000

リモートプレイ

PSPからインターネット経由でPS3にアクセスコントロールする場合は以下の設定一つだけで構いません。

ご注意:エネループの電池で動作するどこでもWi-Fiに付きましては本体電源切れで外部アクセスできなくなります。外部待ち受け専用SANYO eneloop ニッケル水素電池 HR-3UTG-8BPをご用意で対応頂くと良いかも知れません。

任意のTCPポート

ポート番号:9293

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする