ノートン2008 ファイヤーウォール 設定方法

ノートン2008のファイヤーウォール設定を解除又は特定ポートを開放する設定の説明です

ノートン2008からは、アプリケーション許可と個別ポート番号許可設定が可能となっています。

※ルータのポート開放設定は完了したものとします。

※2、ノートンインターネットセキュリティー2006版はこちら 360はこちら

設定手順の説明(アプリケーション別許可設定説明)

まずWindowsにあるノートンアイコンノートンのアイコンをダブルクリック又は

Windows右下の図をクリックすると設定画面を表示する事が出来ます。

スポンサーリンク

設定画面が表示されましたら、左下のオプションから設定を行います。

ノートン2008

上の拡大サンプル図です。

オプションを選択すると、二つのメニューが表示されます。

Norton intarnet Securityメニューを選択してください。

以下のオプション設定画面が表示されるので、ファイヤーウォールメニュを選択下さい。

もし、即時停止してポート開の確認を行いたい場合は一時的に停止する事も出来ます。こちら

スポンサーリンク

次に個別に開放したい方は、こちらを参照下さい。

アプリケーション別で許可設定する方は続きを参照下さい。

以下のプログラム制御を選択下さい。

プログラム制御画面が表示されます。

追加ボタンがあるので選択します。

ノートン2008プログラム制御

以下のプログラム選択画面が表示されます。

ポート開放したいプログラム名をクリックして「開く」をクリックします。

ファイルの場所からプログラムを選択するのですが、保存先がわからない場合などは、デスクトップの全てのプログラムから該当のプログラムアイコンをミグクリックのプロパティを選択すると場所を確認することが出来ます

プログラム制御画面に戻りますので、追加したプログラムの右横アクセス権限がカスタムとなっているので必ず許可するへと変更してください。

上記の作業が完了出来ましたらOKボタンで設定完了です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする