ETG2-R UDPポート開放

ETG2-RブロードバンドルータでUDPポートを開放する手順の説明です。

準備 IPアドレスを固定する

ポート開放するクライアント(パソコンなど)のIPアドレスを固定します。

IPアドレス:192.168.0.60

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.0.1

優先DNS:8.8.8.8

代替DNS:8.8.4.4

IPアドレスを固定できたら必ずパソコンを再起動下さい。

設定画面を表示する

ETG2-R ポート開放説明を参照し設定画面を開いてポートの開放画面を表示します。

東方緋想天 UDPポート開放

  1. ポート番号 10800
  2. 公開する機器のIPアドレス 60
  3. 有効にチェック
  4. 設定
  5. 再起動(再起動するとホストのアドレスが変わる場合がありますので最新のものをチェック)

次にこちらへジャンプして下さい。

スポンサーリンク

xlinkkai UDPポート開放

xlinkkaiのUSB側の無線LANが必ずあることを確認下さい。ではないとポート開放しても繋がらない恐れがあります。

  1. ポート番号 30000
  2. 公開する機器のIPアドレス 60
  3. 有効にチェック
  4. 設定
  5. 再起動

次にこちらへジャンプして下さい。

UDPポート開放をチェックする

次にUDPポート開放チェックを参照し回線チェックツールからxlinkkaiの方は手動ポート30000と変更、東方緋想天の方は手動ポート10800に変更し回線チェック。手動ポート利用可とあればオンラインで楽しむことが出来るようになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする