CG-WLR300GNZ WAN側IPアドレス確認

コレガCG-WLR300GNZ無線ブロードバンドルータを繋いでいる環境で、二重ルータ環境になっていないかを確認するためWAN側IPアドレスを確認する手順の説明です。またWi-Fi設定してインターネットが見られないなどの問題がある場合、上流と正しく接続できているかを判断する目安となります。

準備

CG-WLR300GNZ ポート開放を参照し設定画面を開きステータス画面を開いて下さい。

WAN状態からIPアドレスを確認

ステータス画面の下の方にWAN状態の表内にあるIPアドレスがWAN側(上流)IPアドレスとなります。LANはローカル(家庭内ネットワーク)になるので関係ありません。

スポンサーリンク

WAN状態にあるIPアドレスの先頭値が192などから開始されている場合は、二重ルータ環境にある可能性が高いです。また172や10から始まるIPアドレスの場合はポート開放出来ないプライベートIPアドレス契約になります。

二重ルータと判明した場合はルータをブリッジモードに動作を切り替えて上流にあるルータへポート開放擦る必要があります。

プライベートIPアドレス契約と判明した場合はインターネット契約を変更する必要があります。
対応方法はポート開放とNATタイプ変更出来無いインターネットを参照

また、上記項目にIPアドレス表示なし、0.0.0.0等の表示の場合は、インターネットとこのCG-WLR300GNZがつながってないことになります。仮にCATVモデムに繋げたなら、CATVモデムを20分切ってから電源をONにして再度WAN側アドレスが正しく取得できているかを確認下さい。またフレッツの方であればコレガPPPoE接続設定が必要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする