Stick WiFi GD03W ポート開放

イーモバイルの小型無線機Stick WiFi GD03Wのポート開放手順と無線LAN設定手順の説明です。

GD03Wの特徴はモデム機能はもちろんルータ機能を内蔵するので、パソコンが無くてもこの機器単体で(電源必要)AndroidスマートフォンやタブレットそれにPS3や任天堂DS等のWi-Fi無線LANに対応する端末をインターネットに接続させることが化膿です。

WAN側(インターネット側)接続速度は下り最大21Mbps、上り5.8Mbps。LAN側接続速度はIEEE802.11b(11Mbps)/g(54Mbps)/n(150Mbps)。それぞれ最大値となります。電波状態によってWAN/LANの速度は記載範囲よりも小さくなる場合があります。最大同時接続対応クライアント数は5台まで。

Stick WiFi GD03Wのマニュアルをお探しの方は公式ページ取り扱い説明書ダウンロードから御覧いただけます。

ポート開放される方は契約プランによってはできない場合があります。

スポンサーリンク

準備 IPアドレスを固定する

ポート開放するクライアント(パソコンなど)のIPアドレスを固定します。

注意:スティックワイファイから自動的に割り当てされるIPアドレス範囲内に設定するとポート開放できません。(デフォルトIPアドレス範囲192.168.100-192.168.1.200となります)

IPアドレス:192.168.1.30

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.1.1

優先DNS:192.168.1.1

代替DNS:空欄

固定できたら必ずパソコンを再起動してください。

設定画面を表示する

GD03Wの設定画面を表示するには、ブラウザのアドレス欄にhttp://pocketwifi.home/と入力してEnterキーを押して下さい。

以下のログイン画面から次の情報を元にログイン下さい。

ユーザー名:admin

パスワード:WEPキー(初期設定シールに記載、詳しくはこちら

もしもログインページを表示できない等のエラーの場合、こちらのルータにログイン出来ないを参照下さい.。

ポート開放を行う

設定画面が開いたら、設定メニューを開きファイアウォール設定を開きます

ファイアウォール設定のポートマッピング設定を開いてポート開放設定を作成することが出来ます。

スポンサーリンク

ポートマッピング項目の説明

  1. プロトコル:TCPまたはUDPを選択またはBoth両方を選択します
  2. サービス名は任意の分かりやすい名称。例、webport
  3. LAN側IPアドレス:ポート開放したいパソコンのIPアドレス等。例192.168.1.30
  4. サービス選択:任意設定を指定(webとかftpを選ぶと必要なポート番号とプロトコルが選択されます)
  5. ステータスは必ず有効。一時的に閉じたい場合は無効に切り替えることも化膿
  6. WANポート番号:必要なポート番号
  7. LANポート番号:同上。ポート変換する場合変更で対応可能。
  8. 入力できたら追加更新
  9. 適用

設定サンプル

入力サンプルとしまして幾つか設定例を参考にして下さい。最初にWEBサーバ用の80/TCPポートの設定例です。ポートチェックを行う場合は、ANHTTPDならインストール不要でWEBサーバを動作させてポート開放出来ているかを確認できるので便利です。

  1. プロトコル:TCP
  2. サービス名は任意の分かりやすい名称。例、web
  3. LAN側IPアドレス:192.168.1.30
  4. サービス選択:任意設定
  5. ステータス:有効
  6. WANポート番号:80
  7. LANポート番号:80
  8. 入力できたら追加更新
  9. 適用

ポート変換を行いたい場合。外部アクセスする場合は(自宅とは異なる別の場所、出張先や海外)80番ポートでアクセスさせたくなく、自宅では普通に80番でアクセスしたい場合は次の様にアドレス変換させて対応可能になります。

  1. プロトコル:TCP
  2. サービス名は任意の分かりやすい名称。例、web
  3. LAN側IPアドレス:192.168.1.30
  4. サービス選択:任意設定
  5. ステータス:有効
  6. WANポート番号:8888
  7. LANポート番号:80
  8. 入力できたら追加更新
  9. 適用

こうすることで、自宅内LAN環境からサーバを呼び出すには普通にhttp://192.168.1.2/等サーバパスを呼び出すことで開くことができますし、外出先ならhttp://mydns.url:8888とポート番号を付属することでアクセスさせることが可能になります。

説明は以上です。

その他の説明

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする