GL06P VoIPアプリ SIP ALG設定

GL06Pに繋いでるスマートフォンやパソコンで海外への通話料金が安い、インターネット電話を使う場合の設定手順の説明です。対応しているVoIPアプリは、X-LiteYateSipdroidとの事。一般のブロードバンドルータの様にインターネット電話ソフトを使う端末当てにポート転送させる必要なく、ALG設定をすれば利用可能。

VOIPポート番号

概ねですが、VOIPアプリケーション別ポート番号です。

  • X-Lite、ポート番号5060
  • Yate、ポート番号4569
  • Sipdroid、ポート番号5060

設定手順

ルータの設定画面をパソコンから開いて下さい。GL06P ポート開放を参照。設定画面が開いたら、設定メニューからファイアウォール設定を開きSIP ALG設定を開きます。

SIP ALGを有効にするにチェックを入れ、VoIPアプリが指定するポート番号をSIPポート番号に入力(例、5060)入力し、適用から続行を選んで作業完了です。

この機能を使うには、必ず通信規制の無い事をご確認ください。

スポンサーリンク

また設定画面のここのプロファイルリストが”em.std”であれば”em.gbl”に切り替えて適用を選んでください。そうしないと双方向通話ができない場合があります。

説明は以上です。

その他Android用VoIPアプリ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする