ネットコミュニティーシステム αGXシリーズ UPnPを有効にする

αGXシリーズのひかり電話インターネット環境にネットワークカメラやWEBカメラを繋いだけど外部から見られない、もしくはご自身で用意された無線LANに繋いだ端末のアプリケーションもしくはゲームがオンラインに繋がらない場合はUPnPを有効化へ切り替えてもらえれば通信状況が改善するのでお試し下さい。UPnPとは?これはユニバーサルプラグアンドプレイと呼ばれるサービスで接続機器が必要とするポートを自動的に転送させる機能です。

接続先WANポート番号を確認する

ネットコミュニティーシステム αGXシリーズ ポート開放説明を参考に設定画面を開いて頂いて接続設定が有効なWANポート番号を確認します。通常WAN1が有効だと思うのですが念の為確認お願い致します。まずWANインターフェースを開きます。

WANインターフェース画面が表示されたら一応WAN1を開いて下さい。

スポンサーリンク

WAN1の接続設定に、プロバイダ発行の接続IDとパスワード(パスワードは***で隠れていると思うので実質確認できません)が設定されていればWAN1が有効な接続設定であると言う事を確認できます。有効ではないWAN2/3/4/5は次のUPnP有効化設定時は指定しませんので念の為。

UPnPを有効に切り替える

UPnPメニューを開きます。

UPnP機能(IGD)「なし」から「WAN1」(有効なWANポート番号を指定します。)を指定し設定を保存。UPnP機能(CP)側は無効のままで大丈夫です。(CP)を有効にするには幾つかハードルがありIGDと併用は出来ませんの設定頂く必要はありません。

最後に必ず再起動し設定を保存で作業完了です。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする