NTTルータのPPPoE接続設定説明

インターネット接続

自宅にフレッツ光やフレッツADSLを導入した場合、ブロードバンドルータに広帯域接続設定と言うPPPoE接続設定を作る手順の説明です。新規接続設定はもちろんプロバイダ変更時この作業が必要になります。

NTT製品のブロードバンドルータは沢山種類あるのですが、一部の機種を除いて殆ど同じです。一部の機種としては例えばフレッツ光プレミアムのCTUは大幅に手順が異なりますので専用ページを参照下さい。

プロバイダ提供の接続IDとパスワード書面を用意

フレッツに契約したら必ずプロバイダも同時に契約します。プロバイダ側から送られてきた書類にフレッツ接続用のIDとパスワード記載の書類があるのでご用意下さい。

左側の製品の様なモデムなら以下の説明で設定可能です。右側の様な若干古いタイプはこちらを参照下さい。

20150305-001820150305-0017

NTTルータの設定画面を開く

NTTルータの設定画面を開くには、「http://192.168.1.1/ 」このアドレスをクリックするか、ブラウザのアドレス欄に入力して開くことが出来ます。

ログイン画面が表示される方は、ユーザー名に「user」と入力してください。パスワードは「任意に決めたパスワード」を入力して設定画面を開く必要があります。パスワードを忘れてしまった場合は「初期化」して下さい。

初めて設定画面を開く方は、以下の様な任意のパスワードを設定する画面が表示されるので「user」と設定してしまいましょう。このパスワードよくお忘れになる方が居るので簡単なものを設定して下さい。

20150305-002

設定画面が開いたら「基本設定」の「接続先設定」を開いて下さい。接続先設定が開いたら「接続先1」または「メインセッション」をクリックして開きます。

20150305-003  20150305-006

もしも「接続先設定(IPv4)と接続先設定(IPv6)」二種類ある場合、特別にNTTから指定がない限り「接続先設定(IPv4)」を開いて下さい。その上で「メインセッション」または「接続先1」のメニューを開きます。

20150305-005

接続設定を作成する

接続先設定画面が出ます。赤い枠にそれぞれ設定します。

「接続先ユーザー名」はプロバイダ発行の接続IDです。例、myaccount@ocn.ne.jp等。パスワードもプロバイダ発行の接続パスワードです。二種類あると思います。白っぽい設定ページのSE系やKI系は左側の画面です。NE系のページは右側の青色ベースの設定ページになります。ping応答機能はオンラインゲームメインの方はチェックを入れて下さい。設定ボタンをクリックして保存です。

20150305-007 20150305-008

スポンサーリンク

接続できていることを確認する

接続設定を作成出来たら、「情報」から「現在の状態」を開き、「メインセッション」または「接続先1」の項目にIPアドレス情報が表示された事を確認ください。問題無ければブラウザは閉じて頂いて繋ぎたい端末を繋いで頂ければインターネットを同時利用する事が出来ます。

補足、現在の状態で「未接続」と言う表示であれば接続設定が間違えている可能性が高いです。再度「メインセッション」または「接続先1」を開いて、接続IDとパスワードに入力間違いが無いかご確認下さい。

20150305-0010

Web Caster / RT-200KIの設定手順

Web Caster V100シリーズやRT-200KIは若干設定項目が異なります。次の手順でPPPoEを追加変更できます。

設定画面を開く場合は「http://192.168.1.1/ 」のURLをブラウザで開くのですが、ユーザー名は「admin」です。パスワードは初めて設定画面を開いた時に自分で決めるパスワードを入力してログインして設定画面を開くことが出来ます。

因みに初めて設定画面を開いた際に決めたパスワード設定画面はこの画面です。

20150305-0011

設定画面が開くと「かんたん設定」画面に接続IDとパスワードを入力する画面が出てきます。ログインIDに「プロバイダ接続ID」を入力。ログインパスワードとログインパスワード確認の2つの項目には「プロバイダ発行の接続パスワード」を同じものを入力します。

20150305-0012

入力できたら必ず「確認」をクリック、「送信」をクリック、最後に「反映」をクリックして設定を保存して下さい。

20150305-0013

かんたん設定では無くて、若干セッション先をカスタマイズしてしまったと言う方は「カスタム設定」の「PPPoE設定」からセッション先の編集を行う事が出来ます。通常ここの設定は皆さん触らないのですが、もし昔何かのマルチセッション実験とか行っていてここに変更を加えてインターネット接続が思うように繋がらなくなった場合はご確認下さい。

20150305-0015

接続設定が完了したら、モデム本体のランプを確認して下さい。「PPP」ランプが点灯または点滅していたらインターネットに繋がっている事になります。消灯の場合はPPPoE設定が間違えていつ為繋がっていない事を示します。その場合はサイド設定画面を開いて接続設定の入力しなおし作業が必要です。

20150305-0016

説明は以上です。

その他のブロードバンドルータのPPPoE設定説明

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする