LAN-WH300AN WH-300N ポート開放

ロジテック(エレコムOEM提携販売商品)ギガビットLAN、300Mbps最大無線通信速度をほこるLAN-WH300ANLAN-WH-300N無線ブロードバンドルータのポート開放手順の説明。

LAN-WH300AN WH-300Nの違いはWH-300ANの無線規格でIEEE802.11aをサポートする点です。しかしながらIEEE802.11aに対応するのは一部のパソコンのみで基本的にiPadやiPhoneそれにPSPやDSやWiiそれにPS3は802.11a無線通信を行うことが出来ないので特にIEEE802.11a規格は必要ありません。性能面では有線LANのポートWAN及びLAN側が1000BASE-Tに対応するので、auギガ光、フレッツ光ネクスト、eoギガ光、CATV160Mbps高速インターネットに適しているブロードバンドルータになります。またUSBポートを搭載するのでプリントサーバ機能、USBフラッシュメモリやUSB外付けハードディスクを使った簡易NAS機能に対応します。使い勝手に付きましてはLogitec LAN-WH300AN/DGR ユーザーレビューを参考にしてください。(ロジテック/エレコム同一商品になります)

またポート開放前の注意点ですが、二重ルータになってないかを確認の上ポート開放下さい。二重ルータを確認するにはWAN側IPアドレス確認を参照下さい。

準備 IPアドレスを固定する

ポート開放するクライアント(パソコンなど)のIPアドレスを固定します。

IPアドレス:192.168.2.50

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.2.1

優先DNS:8.8.8.8

代替DNS:8.8.4.4

固定できたら必ずパソコンを再起動してください。

スポンサーリンク

設定画面を表示する

LAN-WH300AN WH-300Nの設定画面を表示するには、ブラウザのアドレス欄にhttp://192.168.2.1/と入力してEnterキーを押して下さい。プレイステーション3で設定画面を開いて設定することも可能です。プレイステーション3 ルータの画面を開く方法

以下のログイン画面から次の情報を元にログイン下さい。

ユーザー名:admin

パスワード:admin

もしもログインページを表示できない等のエラーの場合、こちらのルータにログイン出来ないを参照下さい.。

スポンサーリンク

ポート開放を行う

設定画面が表示されたらメニューの詳細設定(上級者設定)を開きます。同ページが表示されない場合は右上のホームを開くと表示されます。

NATメニューからポート転送を開いて下さい。

ポート転送項目に必要事項を入力しポートを開放します。以下は各種入力項目の説明です

  1. ローカルIPは基本的にポート開放したいパソコンのIPアドレスを設定
  2. コンピュータ名はアクティブであるCPを選択できます
  3. タイプはプロトコルを指定しますTCP又はUDP
  4. ポート範囲は80-80もしくは1024-65535と単一範囲ポートを設定出来ます
  5. コメントは分かりやす設定名を記載することが可能です

ポート開放設定例

設定例としまして、WEBサーバのポート開放設定をご覧ください。ポートチェックを行う場合は、ANHTTPDならインストール不要でWEBサーバを動作させてポート開放出来ているかを確認出来ます。

  1. ポート転送を有効にするに必ずチェックを入れます
  2. ローカルIP:192.168.2.50
  3. タイプ:TCPプロトコルを指定
  4. ポート範囲:「80」-「80」
  5. コメント特に不要ですがwebと入れてみてください。
  6. 追加

以下のように設定が追加されれば適用を選んでください。

更新を選んでブロードバンドルータを再起動すれば設定作業完了です。

範囲設定を行いたい場合

例えばFTPサーバの場合で20-21番など連続したポートを設定する場合もしくはTCP側とUDP側同一プロトコルを設定する場合

  1. ポート転送を有効にするに必ずチェックを入れます
  2. ローカルIP:192.168.2.50
  3. タイプ:両方(BOTH)
  4. ポート範囲:「8000」-「8080」
  5. コメント特に不要、anyと入力してみましょう
  6. 追加
  7. 適用

以上の様に設定します。追加から適用を選んで再起動すれば設定完了になります。

その他の設定例

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする