LAN-W300N/RSxのポート開放説明

ロジテック、エレコム販売の外出先に便利な小型Wi-Fi無線LAN内蔵ブロードバンドルータLAN-W300N/RSxシリーズのポート開放と無線LAN設定手順の説明です。

LAN-W300N/RSxシリーズの特徴、WAN/LANポート(LAN差し込み)がそれぞれ一つ、最大通信速度は有線側は100Mbpsとなります。無線LANはWi-Fi対応でIEEE802.11b/g/nに対応。無線通信速度は最大150Mbpsですが、WANポートは物理的に100Mbpsまでしか対応しませんのでそれ以上のインターネット通信速度は出ません。

Wi-Fi機能はマルチSSIDで異なる暗号化動作通信が可能です。パソコンはもちろんスマートフォンやPSP、DSそれにPS3等のパソコン以外の端末も無線でつなぐことが可能です。

対応インターネット環境、YAHOO/フレッツ/イー・アクセス/ADSL回線、フレッツ光、eo光、CATVインターネット、DOCANVAS等のマンションインターネット関連。最大速度は100Mbpsまでとなるので、100MMbpsを超えるフレッツ光ネクストやauギガ光にはおすすめできません。(備考、PPPoE対応です。)無線LAN設定をご覧になる場合はこちらのその他の設定を御覧ください。

スポンサーリンク

設定画面を表示する

WH450N/GPの設定画面を表示するには、ブラウザのアドレス欄にhttp://192.168.2.1/と入力してEnterキーを押して下さい。プレイステーション3で設定画面を開いて設定することも可能です。プレイステーション3 ルータの画面を開く方法

スポンサーリンク

以下のログイン画面から次の情報を元にログイン下さい。

ユーザー名:admin

パスワード:admin

もしもログインページを表示できない等のエラーの場合、こちらのルータにログイン出来ないを参照下さい.。

ポートを開放する

LAN-W300N/RSxにはポート転送設定、DMZ設定は搭載されていません。UPnPでポートを開放する必要があります。ですので、こちらのUPnPCJ等を用いて任意のポートを開放してもらうしかありません。

ブロードバンドルータ側のUPnPが有効であるのかを確認するには、有線設定を開き、WAN側設定を開きます。

WAN側設定の左下のUPnPの有効にチェックが入っていれば、ポート開放ソフトで設定可能です。

その他の設定例

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする