スポンサーリンク

ロジテック LAN-PW150N/R ポート開放

ロジテック(エレコムOEM提携販売商品)LAN-PW150N/Rと言う無線ブロードバンドルータのポート開放手順の説明。
IEEE802.11b/g無線LANワイファイ通信に対応しているものの、このモデルは有線LANポート(LANケーブル差込口)がひとつしかありません。有線LANでPS3やパソコンをもう一台繋ぎたい場合はHUB(LANを分割や分岐させる方法)が必要になります。
また購入をお考えの方はamazonのユーザーレビューが参考になると思いますのでご覧ください。Logitec IEEE802.11n(Draft2.0)/g/b準拠 無線LANブロードバンドルーター コンパクト LAN-PW150N/R
またポート開放前の注意点ですが、二重ルータになってないかを確認の上ポート開放下さい。二重ルータを確認するにはWAN側IPアドレス確認を参照下さい。

準備 IPアドレスを固定する

ポート開放するクライアント(パソコンなど)のIPアドレスを固定します。

IPアドレス:192.168.2.10
サブネットマスク:255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ:192.168.2.1
優先DNS:8.8.8.8
代替DNS:8.8.4.4
固定できたら必ずパソコンを再起動してください。

設定画面を表示する

LAN-PW150N/Rの設定画面を表示するには、ブラウザのアドレス欄にhttp://192.168.2.1/と入力してEnterキーを押して下さい。
以下のログイン画面から次の情報を元にログイン下さい。
ユーザー名:admin
パスワード:admin

もしもログインページを表示できない等のエラーの場合、こちらのルータにログイン出来ないを参照下さい.。

ポート開放を行う

設定画面が表示されたらサンプル図の詳細設定(上級者設定)ボタンをクリックして下さい。

詳細設定(上級者設定)画面に切り替わりましたら、NATメニューからポート転送を開いて下さい。

以下のポート転送に必要事項を入力しポートを開放します。

WEBサーバポート開放設定例

サンプル設定としまして、WEBサーバのポート開放設定をご覧ください。ポートチェックを行う場合は、ANHTTPDならインストール不要でWEBサーバを動作させてポート開放出来ているかを確認できるので便利です。

  1. ポート転送を有効にするに必ずチェックを入れます
  2. ローカルIP:192.168.2.10
  3. タイプ:TCPプロトコルを指定
  4. ポート範囲:「80」-「80」
  5. コメント特に不要、空欄で構いません
  6. 追加
  7. 適用

以上で作業完了です。

開放したいポート番号をポート範囲の箇所に置き換えることで他のアプリケーションも簡単にポート開放できると思います。
その他、shareのポート開放の場合

  1. ポート転送を有効にするに必ずチェックを入れます
  2. ローカルIP:192.168.2.10
  3. タイプ:TCPプロトコルを指定
  4. ポート範囲:「24370」-「24370」
  5. コメント特に不要、空欄で構いません
  6. 追加
  7. 適用

以上の様に設定します。下図入力サンプル

説明は以上です。

その他の説明

コメント

タイトルとURLをコピーしました