MZK-MF300HP WAN側IPアドレスの確認

MZK-MF300HP無線ブロードバンドルータを導入したもののポート開放が出来なかったり、iPhoneやAndroidタブレットのアンテナが白色でインターネットに繋がらない場合は本機のWAN側IPアドレスを確認しそれぞれの状態に併せてネットワーク切り替え作業などを設定下さい。

設定画面を表示します

MZK-MF300HP ポート開放を参考に設定画面を開き、右上ステータス詳細を開きます。

以下の様にステータス情報一覧が表示されます。WANの種類IPアドレスが該当します。

上記IPアドレスの状態によって対処頂く必要があります。まずIPアドレスが0.0.0.0の場合でフレッツの方はPPPoE接続設定を行なって再起動させて下さい。そうすれば繋がるようになると思います。PPPoE広帯域接続に必要なIDとパスワードの書類を用意して頂いて、以下の様に設定を追加します。

かんたん設定に切り替えます。

WANの種類を”PPPoE”に切り替えます。

スポンサーリンク

確認した書類記載情報よりユーザー名に接続ID、パスワードに接続パスワードを入力

再起動させて設定を反映します。後はWAN側IPアドレスが取得できていることを確認して作業完了です。

CATVインターネット(ケーブルテレビ提供のインターネット)をご利用の場合、モデムの電源を20分切ってからモデムの電源をONにすると、WAN側IPアドレスが表示されインターネットに繋がるようになります。

またWANの種類が空欄(何も情報が表示されていない状態)の場合はブリッジモード動作です。もしもDOCANVASやMAST-BBそれにイ-マンションの方でグローバルIPアドレス契約された方はこちらを参考にルータモード動作に切り替えて所定の接続設定登録を行う必要があります。

詳細モード画面に切り替えて、動作モード設定を開いてルータモードにチェックを入れて適用を選んで、上説明の再起動をさせて頂ければルータモードで動作します。

備考、APとは?ルータ機能無効化の動作モードです。

説明は以上ですが、何かステータス関連で気になる事があれば気軽にBBSまでご質問下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする