プラネックス MZK-W300NH2 DMZ

プラネックスWPS無線LAN対応ルータMZK-W300NH2にPS3やPSPそれにDSやWiiを繋いでいて何かオンライン接続でトラブル出るようでしたらポート全開出来るDMZを設定することで、オンラインコンテンツ接続エラーを改善出来る場合があります。その他、パソコンでもどのポート番号を開放するのか不明の場合はDMZで対応することも可能です。

プラネックスブロードバンドルーターはInternetExplorerで設定変更を行って下さい。Firefox等で設定すると時々設定が反映されないことがあります。

準備IPアドレスを固定する

まずDMZを適用するPS3や任天堂Wiiもしくはその他クライアントのIPアドレスを固定して下さい。

IPアドレス:192.168.111.40

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトルータ(又はゲートウェイ):192.168.111.1

プライマリDNS:8.8.8.8

セカンダリDNS:8.8.4.4

固定できたらインターネットに繋がるかを念の為確認下さい

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MZK-W300NH2の設定画面を表示する

プラネックス MZK-W300NH2 ポート開放の説明を参照しブロードバンドルータの設定画面を開いてください。

次に一般設定から、ファイアウォールメニューを開きます。

マニュアルによるとファイアウォールを有効にして欲しいとあるので、次の画面開いたらファイアウォールを有効にチェックを入れて(入っている場合は次の設定を行ないます)適用ボタンを選んでください。

設定の保存に成功しましたとでるので、そのまま左側メニューのDMZメニューを開いてください。

DMZメニューを開くと次のDMZに割り当てる各種クライアント情報を入力します。

  1. DMZを有効にするにチェックをれます。
  2. 公開IPアドレスは通常接続にして下さい。
  3. クライアントIPアドレス:192.168.111.40
  4. 追加を一度クリック
  5. 適用をクリックして作業完了です

以上で作業完了です。後はオンラインに繋いで同じエラー現象が解消されたかでポート開放が出来ているかを判断下さい。

尚プレイステーション3の場合はDMZ適用したら必ずUPnPをブロードバンドルータ側で無効化にして下さい。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする