プラネックス MZK-W300NH2 ポート開放の説明

*

プラネックス MZK-W300NH2 ポート開放の説明

公開日: : 最終更新日:2014/07/18 ポート開放

プラネックスWPS無線LAN対応ルータMZK-W300NH2ポート開放説明です。余談ですがダイナミックDNSに対応しているのでNASやWEBサーバー、トラッカーサーバー構築に向いているブロードバンドルータと言えます。

この製品を購入をお考えの場合アマゾンのPLANEX 11n/b/g 300Mbps ハイパワー無線LANルータ MZK-W300NH2ユーザーレビューが参考になるともいますので御覧ください。

二重ルータで無いことをまずご確認下さい。Internet側のLANポート(LANケーブルを差し込む名称)と繋いでいるモデムにルータ機能がある場合、二重ルータとなります。もしも二重ルータ環境の場合以下の説明を参照してもポート開放できませんのでご注意ください。二重ルータの確認方法はルータのWAN側IPアドレスを確認する事で確認する事ができます。

またプラネックス製品は必ずInternetExplorerで設定しないと設定が正しく反映されないので必ずWindowsパソコンから操作設定下さい。

準備IPアドレスを固定する

ポートを開放する前の準備としまして次の様にパソコンのIPアドレスを固定してから設定下さい。

IPアドレス:192.168.111.10

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.111.1

優先DNS:8.8.8.8

代替DNS:8.8.4.4

IPアドレスの固定ができたら必ずパソコンを再起動下さい。もしもIPアドレスを固定するとインターネットに繋がらなくなる場合はMZK-W300NH2がブリッジモードで動作している可能性があります。その場合固定したIPアドレスは自動取得に戻して上流にあるブロードバンドルータの型番を確認してそちらにポート開放して下さい。

MZK-W300NH2の設定画面を表示する

http://192.168.111.1/InternetExplorerのアドレス欄にアドレスを入力し、Enterキーで表示する事が出来ます。

ユーザー名&パスワード入力画面が表示されます。

ユーザー名「 admin 」

パスワード「 password 」

ログイン画面ではなくエラーとなる場合はルータにログインできないページを参照下さい

設定画面が表示されましたら、一般設定をクリックします。

左メニューのNATメニューを開いてNAT機能:有効にチェックが入っていることを確認下さい。

次にポート転送メニューを開いてください。

備考:NAT機能はグローバルIPアドレスとローカルIPアドレス変換機能を言います。

ポート転送設定

ポート転送設定にポート開放設定を行ないます。外部から内部の場所(アドレス)へポートを転送して欲しいと言うことをポート開放と言われる意図になります。

ポート転送画面が出たら次の様にWEBサーバポートを開放して正しく開放されるかを試してみましょう。

ANHTTPDサーバソフトを導入すれば試す事が出来ます。

まずポート転送を有効にするにチェックを入れます。

ローカルIP:ポート開放したい機器のIPアドレス。冒頭説明した値192.168.111.10を入れてみましょう

タイプ:プロトコルを指定します。不明な場合は両方(BOTH)を指定も可能。

ポート範囲:開放したいポート番号。例としてWEBサーバの80番指定の場合は図の様に入力します。

インターフェースは広帯域接続を作成したインターフェース名を選択

備考:任意の英数を入力下さい。

入力できたら追加ボタンをクリックして適用をクリックで作業完了です

適用をクリックすると次の操作で設定を保存しルータを一度再起動頂く必要があります。

適用から設定を保存しましたが表示されます。

[保存]をクリックするとルータが再起動します。「システムを再起動しています。しばらくお待ちください。」が表示されますので完了するまで1-2分程度まちます。その上で作業完了となるのでポートが開いたかをチェックしてください。

80番ポートの開放はできたが他のポートはどの様に設定すればいいのでしょう。

任意のポートを開放したい場合、80-80と設定した項目を任意の番号に入れ替えれば設定可能です。

プロトコルですが特に指定のない場合はTCPとすれば大丈夫だと思います。

UDPプロトコルとしていある場合はタイプをUDPに変更して下さい。

例えば、幾つかのネットワークカメラのポートを8080としなければならなくなった場合は以下の様に設定します。

ポート範囲「8080」-「8080」

不明な点があればルータ設定BBSまで気軽に相談下さい。

説明は以上です。

その他のポート開設定例

関連記事

no image

ADSLモデム SV2のポート開放

フレッツADSL関連でレンタルされるルータ機能内蔵モデムでの、個別ポート開放設定又はDMZ(仮想グロ

記事を読む

no image

ソフトバンク 光ユニッット UDPポート開放

フレッツ光でYHAOOプロバイダ契約時に設置されるソフトバンクルータのUDPプロトコルポート開放説明

記事を読む

no image

ウイルスセキュリティのポート開放

ルータのポート開放と併せて、パソコンウイルス対策ソフトやWindowsXP/VISTAにセットアップ

記事を読む

no image

AtermでIPアドレスが固定出来ない場合のポート開放手順

Aterm ダイレクトスターメニュー トップに戻る ポートマッピング画面開き方 ポー

記事を読む

no image

DL 180V-C PPTPポート開放

Aterm DL180V-Cを設置しているインターネット環境へのVPNサーバ設置の際に必要なPPTP

記事を読む

eo-RT100無線ブロードバンドルター

eo-RT100のポート開放設定手順の説明

eo光回線ユーザー様にレンタルされるIP電話機能内蔵の無線ブロードバンドルータeo-RT100のポー

記事を読む

401HW本体

Pocket WiFi 401HW スマートフォン設定対応モバイルルータのポート開放設定説明

ワイモバイルからHuawei製品の新型モバイルルータPocket WiFi 401HWのポート開放設

記事を読む

no image

Aterm WR4500N PPTPポート開放

Aterm WR4500Nを導入の環境内にあるVPNサーバへの接続をさせるさいに必要なPPTPポート

記事を読む

no image

RT-400MI ポート開放

NTTブロードバンドルータRT-400MIのポート開放手順の説明です。RT-400MI公式マニュアル

記事を読む

no image

BRL-04FA ポート開放説明

プラネックスのBRL-04FAルータポート開放の説明です。 このルータは静的マスカレード設定か

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



エレコムWRCシリーズ 300FEBK-S 1167FEBK-S 1167GHBK-S 1467GHBK-S 1900GHBK-S ポート開放設定説明

エレコムは2016年11月にWRCシリーズという無線ルーターを一挙5製

ケーブルテレビ・インターネットモデムBCW720Jのポート開放設定の説明

ZAQやJCOMインターネットご契約時にレンタルされるモデム兼用ブロー

wg2600-001002
4×4 MIMO対応高速無線ルータWG2600HPのポート開放手順の説明

2016年10月にWG2600HPの新型「WG2600HP2」が発売さ

WiMAXルーターnovas Home+CA ポート開放設定の説明

WiMAXキャリア専用のWi-Fiブロドバンドルーター「novas H

novas Home+CA Wi-Fiのつなぎ方

シンセイコーポレーションから2016年10月に発売された無線LANの電

→もっと見る

PAGE TOP ↑