Windows8 IPアドレス自動取得の確認

GUIが簡素化されたWindows8でのIPアドレス自動取得の確認手順又は自動取得に戻す手順の説明です。まずコントロールパネルを開く必要がありますので、こちらのWindows8 ネットワーク接続画面の表示方法を参考にコントロールパネルからLANアダプタの画面(ネットワーク接続の画面)を出して下さい。

IPアドレス自動取得確認説明

インターネット接続するLANアダプタ又はワイヤレスアダプタを右クリックしてプロパティをクリック。またはダブルクリックした際に表示されるアダプタ状態画面のプロパティをクリックします。

イーサーネットのプロパティ画面が出ます。インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)の項目をクリックして選択しプロパティボタンをクリックします。

スポンサーリンク

上記のプロパティボタンをクリックすると、以下のインターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)プロパティ画面が表示されます。下図の様に固定された数字(IPアドレス固定情報)が入力されている場合、図の項目にあるIPアドレスを自動的に取得するにチェックを入れます。DNSサーバ側のアドレスも自動的に取得するに変更して下さい。数値が何も入って無ければ自動取得なのでそのまま閉じて下さい。

もともと自動取得のユーザーは必要ありませんが、もし固定していて自動取得に変更を加えた場合は必ずWindows8を再起動してください。その他の作業はLAN関連操作説明をご覧ください。

説明は以上です。ネットワーク接続 (IP自動取得やネット不安定の確認)へ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする