メトリック値 手動設定

無線LANブロードバンドルータを導入したときに、何らかの理由で無線LAN有線LANそれぞれに同じゲートウェイを割り当てる(簡単に説明すると二つのLANアダプターでルータに繋いでいる)LAN環境が増加しています。

二つのLANアダプターでそれぞれIPアドレスを持ちゲートウェイもそれぞれ同じ(異なるゲートウェイでもそうなのですが)の環境だと、メトリックの値が同じだと、ポート開放はもちろんそうなのですがインターネットが不安定となります。なのでここでは、どちらのLANアダプタで優先的に接続させるのかを手動で設定してしまう手順を説明します。

備考参考資料IP ルートの自動メトリック機能について

メトリック

設定する前にまずBBSからkagemaruに相談してから設定ください。間違えて設定すると、希望する家庭内ネットワークに繋がらなくなることがあるかもしれません。

マイクロソフトの説明だと、ServicePack2よりメトリック値はそれぞれ以下の速度が目安になります。

  • メトリック10/速度200Mb以上
  • メトリック20/速度80Mbps-200Mbps未満
  • メトリック25/速度20Mps-80Mbps未満
  • メトリック30/速度4Mbps-20Mbps未満
  • メトリック40/速度500Kbps-4Mbps未満
  • メトリック50/速度500Kbps以下

マイクロソフト側の説明によると、接続速度とは別にメトリック値を小さくしたLANアダプターが優先されますので、例えば無線LANをメインに繋ぎたい場合はワイヤレスアダプタ側のメトリックを小さく、有線LAN側のローカルエリア接続のメトリック値を大きくすることで安定的に無線LANでインターネットに繋ぐことが出来ますし、ポート開放も無線側IPアドレスを設定することもポート開放されたりされなかったりするなどの通信の安定化を図ることが可能になります。

スポンサーリンク

メトリック値を手動設定する

メトリック値を確認するには

パソコンでそれぞれメトリック値を確認するには、コマンドプロンプトから確認を行うことが出来ます。

スポンサーリンク

Windows7とVISTAはスタートから検索ボックスにcmdと入れてEnter、又は全てのプログラムからアクセサリーを開いてコマンドプロンプトを表示することが可能です。

WindowsXPの方はスタートから全てのプログラムを実行するの画面を出してcmdと入力してOKボタンで表示することが可能です。

コマンドプロンプト画面が表示されたら、netstat -rと入力してEnter

以下の様にメトリック値を確認することが出来ます。

それぞれのLANアダプターが持つIPアドレス右側の値がメトリック値になります。

Microsoft Windows [Version 6.1.7600]

Copyright (c) 2009 Microsoft Corporation. All rights reserved.

C:\Users\kagemaru>netstat -r

インターフェイス一覧

14…****** ……GW-USWExtreme(LANアダプター名)

11…***** ……Realtek PCIe GBE Family Controller(LANアダプター名)

1………………………Software Loopback Interface 1

15…00 00 00 00 00 00 00 e0 Microsoft ISATAP Adapter

16…00 00 00 00 00 00 00 e0 Microsoft ISATAP Adapter #2

12…00 00 00 00 00 00 00 e0 Teredo Tunneling Pseudo-Interface

IPv4 ルート テーブル

アクティブ ルート:

ネットワーク宛先 ネットマスク ゲートウェイ インターフェイ

ス メトリック

0.0.0.0 0.0.0.0 192.168.1.1 192.168.1.44 276 ←(メトリック値)

0.0.0.0 0.0.0.0 192.168.10.1 192.168.10.2 25 ←(メトリック値)

127.0.0.0 255.0.0.0 リンク上 127.0.0.1 306

127.0.0.1 255.255.255.255 リンク上 127.0.0.1 306

127.255.255.255 255.255.255.255 リンク上 127.0.0.1 306

192.168.1.0 255.255.255.0 リンク上 192.168.1.44 276

192.168.1.44 255.255.255.255 リンク上 192.168.1.44 276

192.168.1.255 255.255.255.255 リンク上 192.168.1.44 276

192.168.10.0 255.255.255.0 リンク上 192.168.10.2 281

192.168.10.2 255.255.255.255 リンク上 192.168.10.2 281

192.168.10.255 255.255.255.255 リンク上 192.168.10.2 281

224.0.0.0 240.0.0.0 リンク上 127.0.0.1 306

224.0.0.0 240.0.0.0 リンク上 192.168.1.44 276

224.0.0.0 240.0.0.0 リンク上 192.168.10.2 281

255.255.255.255 255.255.255.255 リンク上 127.0.0.1 306

255.255.255.255 255.255.255.255 リンク上 192.168.1.44 276

255.255.255.255 255.255.255.255 リンク上 192.168.10.2 281

説明は以上です。ネットワーク接続 (IP自動取得やネット不安定の確認)に戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする