Windows Live OneCare (ワンケア) ポートとプロトコル許可設定

Windows Live OneCare (ワンケア) で、許可したいプログラム名が不明又は、個別ポートとプロトコルを指定して通信許可設定した場合の説明です。

設定手順の説明

まずワンケアの設定画面からファイアウォールの詳細設定画面を開いてください。前のページを参照

ファイアウォール詳細設定画面が表示されましたらポートとプロトコルタブをクリックし

追加ボタンをクリックしてください。

ワンケア 個別ポート許可

ポートとプロトコルの情報に個別ポート許可(開放)設定を入力します。

設定手順

スポンサーリンク

名前:任意の名称

TCP又はUDPにチェックを入れて頂いて、右側のプルダウンメニューからTCP又はUDPを選択

ポート範囲:開放したいポート番号を指定します。例えば30000であれば図の様に指定

範囲は、広範囲でも構いません

例えば1000から2000とすることで指定した値のポートを全て開放する事ができます

接続:両方を選択

範囲:インターネットにチェック

「OK」ボタンをクリックしてください

以下の様に、作成した名称が追加され□のチェックボックスにチェックが入っていることを確認し

「適用」→「OK」ボタンの順でクリック頂けたら作業完了です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする