Windows Live OneCare (ワンケア) ポート開放

Windows Live OneCare (ワンケア) と言うセキュリティソフトに付属しているファイヤーウォールと言うポートを制限するサービスに、開放したいポート番号又はソフトウェア(アプリケーション)の制限を例外許可する設定の説明です。

このワンケアセキュリティはWindowsXP及びVISTA標準にあるコントロールパネルのセキュリティセンターにあるファイヤーウォールを拡張した機能なので、別途コントロールパネルのセキュリティセンターから標準のファイヤーウォールサービスを停止する必要はありません。

設定手順の説明

デスクトップ画面上にあるワンケアアイコンをダブルクリックして設定画面を表示します。

セットアップワンケアアイコンでも構いませんし、Windows右下のアイコンからでも設定画面を表示する事ができます。

設定画面が表示されましたら設定の変更メニューを選択頂くと、以下のワンケアカスタマイズ画面が表示されるのでファイアウォールメニュータブを選択します。

ワンケア ファイヤーゥオール

スポンサーリンク

ファイアウォールメニューを選択頂きましたら、下の方にある詳細設定ボタンを選択します。

もしも緊急的に、通信を開始しなくてはならない場合は一時的に無効とすれば全てのアプリケーションがポート全開となります。

個別プログラムのポート開放

プログラムタブを選択します。

下にある追加ボタンをクリックします

ファイルを開くの選択画面が表示されるので、開きたいプログラム名をクリックして選択し、開くボタンをクリックします。

以下の様に、開放したいプログラム名が追加され【許可】のチェックボックスにチェックが入っていることを確認し

「適用」→「OK」ボタンの順でクリック頂けたら作業完了です。

ワンケアで許可するプログラム名不明や、個別のポート番号を開放したい場合はこちらのポートとプロトコルの説明を参照ください

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする