PR-200NE 任天堂Wii/Uのポート開放

RT200NEとRT200NE、AD200NEと言うルータにWiiを繋いでいる環境の方は以下の手順で任天堂Wiiのポートを開く事が出来ます。

こちらは旧式の設定画面となりますので、新しいバージョンのファームウェアの方で設定画面が異なる方は新型の方を参照下さい。

設定する前の注意事項。こちらのルータ以外にバッファロー又はAtermの無線機器を追加接続させて無線通信している場合は、以下の設定を参照頂いても正しくポートを開く事が出来ないです。該当する方は無線機器の型番を確認頂いてヘルプBBSへご連絡頂けましたら改善策を案内致します。

設定手順の説明

まずWii / WiiUのMACアドレスを調べて頂きお控え下さい。

次にパソコンからルータの設定画面を開きます

設定画面が開きましたら、まず接続状態項目にある接続先1からあ3まである名称がアクティブ(有効な接続先)かを確認下さい。通常は接続先1番となっていると思います。

詳細設定のプルダウンメニューからから静的IPマスカレードメニューをクリックしてポート開放設定画面を表示します。

PR-200NEの接続先名

静的IPマスカレード設定画面が表示されましたら、上記で確認頂いた有効な接続先名が選択されているか右上の項目を確認下さい。異なる場合はメニューから有効な接続先名を選択して下さい。

問題なければ画面したのNATエントリ編集項目に開放するポート番号情報を入力します。

スポンサーリンク

設定サンプルにはスマブラXのポート情報を元に説明させて頂きたいと思います

エントリ番号:ますは1を選択。この後追加設定の場合2,3,4と繰り上がります。

変換対象プロトコル:UDP

変換対象ポート:まずUDP全部を開くので 0-65535 ハイフンを入れる事で広範囲に設定出来ます。

宛先アドレス:確認頂いたWiiのマックアドレスを入力します。

入力例としましては、確認アドレスが00-00-00-00-00-00であればハイフンをコロンに変更して図の様に入力すれば正しく設定することが出来ます。

入力出来ましたら編集ボタンをクリックし、続きの設定を作成します。

続いて、TCPの28910 29900 29901 29920を作成します。

連続するポートはハイフンを使って一括指定します。ですのでTCP側の設定は合計3つ作成頂く必要があります。

まずはエントリ番号2を指定し、TCPプロトコル28910を作成してください。

次にエントリ番号3を指定し

プロトコルTCP

変換対象ポート:29900-29901

と指定下さい。

最後にエントリ番号4を指定し

プロトコルTCP

変換対象ポート:29920

を一作成下さい。

以上で作業完了です

後は、ルータの設定反映作業を正しく行って下さい。(一番ミスが多い作業です。必ずよくご覧頂いて設定反映させてください。)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする