スポンサーリンク

PR-200NE AD-200NE RT-200NE ポート開放設定

RT200NEのポートを開放する前に、パソコンに搭載されるLAN機器のマックアドレスを確認し、お控えください。IPアドレスでも設定は可能な様ですが、このタイプの場合マックアドレスを指定して開放設定した方が設定に反映されやすいとの事です。
注意事項:無線を追加して二重ルータ環境となり通信障害発生のご質問多数頂きます。PE-200NEに無線を追加する場合は自動ルータ判別サービス付きバッファロー無線LANを導入下さい。
お知らせ
2007年11月以降ファームウェアを一新したタイプが登場しました。設定方法手順内容がまったく異なります。こちらの新型ルータ説明を参照下さい。


注意事項、ファームウェアアップデートは型番間違いしないように且つ有線LANケーブルでルータと繋いで電源がしっかり差し込まれていることを確認してアップデート作業下さい。アップデートに失敗するとルータが壊れます。すなわち電話も使えなくなります。
Windows98/MEの場合は、Windows左下のスターを選択、ファイル名を指定して実行を選択します。表示された「ファイル名を指定して実行」画面に winipcfg と入力しOKを選択します。こちらの画面を参照しマックアドレスを確認してください。
プレイステーション3や任天堂DS、wiiやXBOXの場合は機器に直接シールで貼り付けもしくは説明所に記載があるのでそちらを確認してください。
ルータへのログイン
まず以下のアドレスをクリックするか、InternetExplorer等のブラウザアドレス欄に以下の番号を入力されEnterキー
http://192.168.1.1 又はhttp://ntt.setup/
表示されたログイン画面
ユーザー名 user
パスワード 何か入力されている場合はそのままログイン下さい。空欄の場合user又はRT200NEの設定画面を一番最初に開いたときのパスワードを入力下さい。

※もしもページを表示出来ないエラーの場合は「http://ntt.setup/」でお試しください。
設定画面が開きましたら、詳細設定項目から静的IPマスカレードを選択します。

設定画面が開きましたら、ページ下の方にポート開放を設定する「NATエントリ編集」があります。
エントリ番号:任意の番号でOK。※複数開放するのであれば、1、2、3とそれぞれの設定別で選択します。
変換対象プロトコル:TCP又はUDP 不明の場合は両方選択できます。
変換対象ポート:開放したいポート番号を指定。 全開にする場合は アスタリスク→ * でポート全開に出来るはずです。
変換対象ポートは 単一ポートなら 例:1000 だけを入力し、複数開放したいのであれば例:1000,2000,3000 カンマで区切ると複数指定可能です。ハイフンを利用すると例:1000-2000 とすると1000から2000まで開きます。
宛先アドレス:確認したLAN機器のマックアドレス(フィジカルアドレスもしくはVISTAの場合物理アドレス)
確認したマックアドレスはハイフン(-)で記載されているので。それをコロン(:)に変えて入力してください。
入力例:00-00-00-00-00-00 だと 00:00:00:00:00:00

もしくは、宛先アドレスをパソコンのIPアドレスを指定してポート開放設定を行うことが出来ます。どちらでも良いのですが、ルータから動的にIPアドレスを割り当てられるので、マックアドレスの方がローカルIPアドレスの変動があってもポートが塞がらないので便利かもしれません。(単一ポート2000番を開く場合)

変換対象プロトコルですが、xlinkkai(pspアドホックオンライン対戦ソフト)ご利用の場合は、UDPを指定しポート番号は(30000)を指定します。宛先アドレスに指定するのは、xlinkkai対応USB無線LANアダプタを取り付けたパソコンのマックアドレスもしくはIPアドレスを指定すれば開きます。(注意:パソコンのファイヤーウォールの解除も必要です)
設定が完了出来ましたら必ず以下の手順1から5を完了してください。
設定出来ましたら

  1. 編集をクリック
  2. 最新の状態に更新をクリック
  3. エントリー番号に必ずチェック入れます
  4. 適用をクリック

以上の作業を必ず行ってください。その上で画面左側の登録ボタンからルータを再起動させて設定完了になります。

5、最後にメニュー左の「登録」をクリック
登録をクリックするとルータは再起動します。ルータの再起動完了後ポートが開くと思うので確認下さい。
上手く開かない場合は、セキュリティやXP標準のファイヤーウォール解除設定も併せて必要になります。

開いたポートを塞ぐには、設定したエントリー番号のチェックを外して登録ボタンでルータを再起動すれば不正アクセス等の懸念はなくなります。

コメント

  1. gion より:

    今までずっとTCPで開こうとしていました。
    一通り作業をして確認をしようとしたのですが、UDPのポート確認はどのようにして行うのでしょうか。

    • kagemaru より:

      UDPポート確認は手間がかかるので、サーバーを稼働するパソココンからグローバルIPアドレスを調べて控えます。
      http://www.akakagemaru.info/cgi-bin/index.cgi
      次にスマートフォンを3G接続または4GLTE接続させて、上の調べたグローバルIPアドレス宛先にマインクラフトPEでよかったですよね?が繋がるかをお試しください。繋がればポート開放出来ていると判断できます。

  2. MSRY より:

    PR200NEを使っているんですが
    このサイトに書かれている通りにして
    25565番のポート開放しようとしたんですが
    ポート開放チェックしてみたところ
    うまくいかず。ファイアウォールも設定してありますし、他に何か原因があるのでしょうか?

    • kagemaru より:

      ポート開放設定内容とMACPCのご利用のご連絡ありがとうございます。
      PR-200NEのポート開放設定一覧のエントリ番号にチェックは入っているか念の為確認お願い致します。
      http://www.akakagemaru.info/port/buhin/2008-pr12.gif
      問題なければ、MACなのですが(25565はMinecraftですよね?)サーバーを起動は問題ないか確認してもらってもいいでしょうか?確認方法はMACサーバーにMinecraftのローカルクライアントアクセス出来るかどうかで確認出来ます。

      • MSRY より:

        回答ありがとうございます
        チェックは入っていました
        確認してみましたが
        サーバーにも接続することができました。

  3. MSRY より:

    すみません、上のに補足で、
    回線はフレッツ光、
    MacOSで設定しました
    IP固定もしています

    • kagemaru より:

      確認頂いてありがとうございます。
      ポート開放はできている可能性があるのであとは、MACOS自体に設定されているファイアウォールの可能性があるのでファイアウォールに25565/TCP許可設定をされているか念のため確認してみてもらってもいいでしょうか?
      https://support.apple.com/ja-jp/HT201642

      • MSRY より:

        回答ありがとうございます
        Macのファイアウォールではポートではなくアプリを追加して許可する形だったのでマインクラフトを追加し、ポートチェックしてみましたが、
        まだ開放されていないらしいです..
        次にファイアウォールを一時的に切って試してみましたがそれでもダメでした

  4. MSRY より:

    回答ありがとうございます
    Spigotではなくバニラで紹介された通りにやってみましたが…未だにポートは開放されていないようです。
    他にまだ原因があるんでしょうか?

    • kagemaru より:

      ANHTTPDをダウンロードしてMinecraftサーバーを終了の状態でANHTTPDを25565に変更してポートチェックしてみてもらえますか?
      https://plus.google.com/u/0/106150744555699374168/posts/UUaAG8zJXWm
      もしANHTTPDでポート開放に成功するならサーバー動作不良です。
      ANHTTPDでもポート開放できてないならポート開放設定を一から見直ししていただくしか無いです。

タイトルとURLをコピーしました