プレイステーション3 オンラインゲームに繋がらない

プレイステーション3(以下PS3)の各種オンラインゲームサーバに繋がらないトラブルについて

PS3で用意したオンライン接続対応ソフトやコンテンツが正常にゲームサーバに繋がるけどすぐに切断される場合やサーバーと通信できませんオンラインサービスの状況については”Play Station”オフィシャルサイトにある「SCEJオンラインサービス情報」でご確認くださいとエラーになる場合はIPアドレス規制の可能性が高いです。

IPアドレス規制に付きましては、動的に使いまわしされるグローバルIPアドレスがあるタイミングで悪意ある事業者(ウイルウ配布、オンラインゲームハッキング、スパム行為、チート行為、リアルマネー取引)

IPアドレス規制の規制の簡易説明

例えば悪意ある利用者が、210.000.000.001の割り当てられたインターネット接続環境で不正行為を働いていたとします。迷惑を被るインターネットサービス事業者は210.000.000.001に対してアクセス出来ないように制限を掛けます。

スポンサーリンク

解決方法

注意:PS3の基本ポート開放とルータ側のUPnPプロトコル無効作業完了が前提となります。

規制を受けたIPアドレスでゲームサーバへアクセスするとサービス提供側からアクセス拒否されます。この場合にエラーメッセージとなったり接続できても直ぐに切断されてしまう現象が発生します。

スポンサーリンク

なので例えば上記の様に規制を受けているグローバルIPアドレス200.000.000.002を変更する事でこのトラブルを回避させる事が出来るようになります。グローバルIPアドレスを変えるにはご自宅のモデムかルータの電源OFF/ONを行なうだけで変更する事が可能になります。(モデムの電源OFF/ONは主電源であるコンセントの抜き差しで行なう事が可能)

グローバルIPアドレスの変更を確認するにはまずこちらから今割り当てられているグローバルIPアドレスを確認して控えます。

モデムの電源を抜いて再度差し込みます。

注意:以下の回線は長くモデムの電源をOFFにする必要があります。

YAHOO回線:20時間

CATV回線:30分から1時間

eo光:不明。恐らく時間がかかります

フレッツ、イーアクセス、アッカは即時変動します。

モデムの電源OFF/ONを試行した後サイドこちらからグローバルIPアドレスを確認し、先に確認したIPアドレスと変化ある場合はIPアドレスの変更作業完了です。

上記の作業で、例えば規制されてしまったIPアドレスが偶然割り当てられる事があり図の様にモデムの電源OFF/ONで異なるIPアドレスを取得する事により規制されることなく正常に通信を行なう事が出来るようになります。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする