プラネックス BRL04 CW UR 共通 ポート開放設定

BRL04CWと言うルータ機能のポート開放設定の説明です。

ポート開放設定に必要なもの

  • 左メニューより設定前にパソコンのIPアドレスを確認ください

    (※BRL04CWのアプリケーション設定には必要ありません。DMZ設定のみ必要になります。)

  • 開放するポート番号の確認、サービス提供サイト様でご確認下さい。

※DMZ設定とは仮想グローバルIPを指定したパソコンに割り当て、ポート全開設定する事が出来ます。

※参照マニュアルはこちら

まずルータ設定画面にアクセスをします。

InternetExplorerアドレスにADSLモデムアドレスを入力してクイック設定WEB画面を開いてください。

アドレス「http://192.168.1.1

※上記をクリックするとログイン画面が表示されると思います。

ユーザー名&パスワード入力画面が表示されます。

ユーザー名「 admin 」

パスワード「 password 」

※もし万が一設定変更したパスワードを忘れた場合、ルータを初期化(リセットもしくは工場出荷時の設定)の上、再度接続設定を行う必要があります。

ポートを開放するには、左メニューの【アプリケーション】を選択し「特殊アプリケーション」項目でポート開放設定を行います。

設定手順

■【有効】にクリックしてチェックを入れます。

■トリガーポート 例:3000-3000 開放するポート番号を入力します。例2、3000-5000と指定すると3000~5000番まで開放指定出来ます。

スポンサーリンク

■トリガープロトコル 開放するプロトコル種別を選択。サーバ関係は概ねTCP ゲーム関係は概ねUDPになります。

■パブリックポート 【トリガーポート】で指定した同じ番号を入力 3000-3000とした場合 例:3000だけ入力。例2、3000-5000(トリガーポート入力)の場合 3000-5000 (ハイフンが必要)と入力。

■パブリックプロトコル 【トリガープロトコル】と同じものを選択

入力が完了できましたら【OK】をクリックして、「設定を変更しました」が表示されると「続ける」をクリックします。設定内容を保存すれば設定完了です。


設定内容を変更するときは、特殊アプリケーションリストにあるをクリックし

ポート番号等の設定を変更した後、【OK】をクリックします。

リストから削除するときは、をクリックします。
<どうしても上手く行かない場合 ポート全開のDMZ設定を試してみて下さい>

左メニューの【DMZ】を選択します。

パソコンのIP番号確認はメニュー左上に記載

どうしてもポートが開かない場合はこのDMZを設定し、ウィルスバスタ・ノートン・kingsoft・XPファイヤーウォール等の設定を確認の上、さらにそれでも出来ない場合契約プロバイダ側でのフィルタリングサービスの有無をご確認下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする