WLBARAG BARHX BARFX 任天堂Wiiのポート開放説明

コレガルータメニュー

ルータ型番 WLBARAGL-E WLBARAG2-E WLBARAG2-P WLBARAGL-P WLBARAG2-U WLBARAGL-U
WLBARAG-P WLBARAG2 WLBARAGL WLBARAGS BARPRO6 BARHX BARFXこちらにある型番は全て以下の共通説明となります。

設定手順の説明

ルータに設定を行う前に、Wiiのマックアドレスを確認しお控え下さい。

注:もし先にWiiのIPアドレスを固定してしまった方は確認頂く必要が無い及びPCデータベース登録作業の必要はありません。

マックアドレスの確認が完了出来ましたら、次にコレガルータの設定画面をパソコンから表示します。(Wiiからも表示及び設定は可能だと思います)

設定画面が表示出来ましたら、まずWiiへのIPアドレスを固定割り当て設定を行います。

「詳細設定」から「PCデータベース」メニューを表示して下さい。

以下のPCデータベース画面が表示されますので「追加」ボタンを選択します。

以下の画面が表示されるので

スポンサーリンク

パソコン名:任意の文字 例:wii

固定取得(DHCPクライアント)にチェックを入れ20と入力してみましょう。

MACアドレスはにチェックを入れ、冒頭確認頂いたWiiのマックアドレスを入力下さい。

入力出来ましたら「PCデータ追加」ボタンを選択します。

上記の設定もしくは予めIPアドレスを固定されている方は以下の設定を行い、ルータを再起動させて作業完了です。

「詳細設定」→「DMZ」設定画面を開きます。

DMZは指定した機器にポート全開とする事が出来る設定です。なので通信トラブルがある場合や任天堂WI-FIサーバに接続され難い方も以下の設定を行うことで改善する場合があります。但し、DMZを設定した場合はバーチャルサーバ設定が利用できなくなるのでご注意下さい。

設定手順は

フレッツの方はアカウント選択から接続設定のあるアカウント名(接続設定名)を選択

DMZホスト の右側▲ボタンからWiiに指定した192.168.1.20 又は固定設定したアドレスを選択します。

入力出来ましたら「設定」ボタンを選択下さい

作業完了出来ましたら、必ずルータを再起動させてください。その後念の為Wiiの元電源をOFF/ONにしてIPアドレス情報を更新下さい。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする