モバイルWi-Fiルータ 光ポータブル PWR-100D/F ポート開放

NTT提供PWR-100D(SIMロック板)とPWR-100F(SIMフリー)NTTdocomoのデータ通信カード及びフレッツ光無線ブロードバンドルータとしても使えるワイファイルーターのポート開放手順の説明です。

注意事項、docomoのデータ通信はポート規制があります。規制対象ポートを開放することは出来ません。詳しくはdocomo データ通信のポート開放が出来ない問題

もしもPSPや任天堂DSの快適通信(ポートエラー)を改善させたい場合はポート規制のないイーモバイルかWiMAXに乗換が望ましいです。

準備としましてIPアドレスを固定します

まずパソコン側のIPアドレスを固定してしまいます。例(VISTA IPアドレスを固定する方法を参照)

IPアドレス:192.168.11.10

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.11.1

優先DNS:8.8.8.8

代替DNS:8.8.4.4

DNSはGoogleパブリックDNSを設定ですが、プロバイダ指定のDNSでも構いません。

ルータへのログイン

まずバッファロールータの設定画面を表示します。

エアーステーションツールもしくは、http://192.168.11.1/をブラウザに入力してください。

以下の光ポータブルの画面が出た場合はログインをクリックします。

ログイン画面が出たら

ユーザー名 root

パスワードは空欄(ユーザー様が何か設定した場合は設定されたパスワードを入れてください。)

上記の方を入力でログインする事が出来ます。

もしも上記ログイン画面ではなくエラーとなる場合はルータにログインできないページを参照下さい。

モバイルルータの設定画面が開きましたら、ゲームアンドアプリを選択してください。

次にゲームアンドアプリ画面が表示されましたら左上のポート変換を選んで次を参照し設定下さい。

スポンサーリンク

ポート変換より必要な情報をブロードバンドルータに入力しポートを開放します。

以下のポート変換の項目から設定を作成します。

ポート開放手順の説明

モバイルルータのポート変換画面が出ましたらまず試しにWEBサーバのポート開放を設定してみます。サーバツールに付きましてはインストール不要なANHTTPDがお勧めです

ANHTTPDを導入頂きましたら次のようにポート変換設定します。

  1. 新規追加:host(英文字のみ、任意文字)
  2. Internet側のIPアドレスは変更しません
  3. プロトコル:任意のTCPポート
  4. 任意のTCP/UDP右側の空欄に80と入れます
  5. LAN側IPアドレスは冒頭固定案内192.168.11.10
  6. 新規追加

以上で作業完了になります。

その他のポート開放サンプル、Shareのポート開放を行って見ましょう。

まずこちらのShareのポート開放を参照頂きまして、Shareが正しく動作来る様に初期設定を完了できました以下の様にポート開放設定を入力します。

ここではShareのポート番号を任意とします。任意の部分に開放したいポート番号を入れ替えれば、share限らず他のアプリケーションやサーバツールのポート開放も簡単に行うことが可能になります。

  1. 新規追加:torrent(英文字のみ、任意文字)
  2. Internet側のIPアドレスは変更しません
  3. プロトコル:任意のTCPポート
  4. 任意のTCP/UDP右側の空欄に任意のポートを入れます
  5. LAN側IPアドレスは冒頭固定案内192.168.11.10
  6. 新規追加

以上で作業完了になります。

説明は以上です。

その他の設定について

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする