RT-S300SE ワンタッチ設定でWEBとFTP DMZの設定手順

RT-S300SEでワンタッチ設定でWEBサーバとFTPサーバの簡単設定方法と、DMZを設定する手順の説明です

注意:DMZは仮想グローバルIP通信設定となり、設定頂いたローカルアドレス宛に全ての外部通信ポートが設定したアドレス宛に転送されますので、個別設定が無効化となります。個別に複数ローカル側へポート転送を設定する必要のあるユーザー様はDMZを使用してはいけません。

DMZ設定例

開放ポート番号が不明。設定手順がよくわからない場合、簡単にポートを開く事が出来ます

ワンタッチ設定の説明

前のページを参照し、静的NAT設定ページを開きます

Webサーバを外部に公開するにチェックを入れ、Apache等のWEBサーバアプリケーションを動作させるパソコンのIPアドレスを入力します

スポンサーリンク

FTPサーバの場合も同様にチェックを入れて、サーバ開始するパソコンのIPアドレスを指定します。このときWEBサーバと、FTPサーバが別々の場合であればそれぞれ異なる割り当てアドレスを入力頂ければ正しく転送されます

入力できましたら設定ボタンをクリックして設定完了です。

RT-S300SE ワンタッチサーバ設定

ワンタッチ設定でDMZを開始する場合の説明

同静的NAT設定ページで、以下の外部からのパケットを全て特定のホストに中継するにチェックを入れ、開放したい端末のIPアドレスを入力し設定ボタンをクリックで作業完了です

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする