LAN-WN22 LAN-WN12 DMZの設定説明

LAN-WN22シリーズ(RCB RU2 R共通)IEEE802.11b/n/g

LAN-WN12(RCB RU2 R共通)IEEE802.11b/g

共通てのポートを開放する設定DMZの説明です。

この設定は、開放するポート番号情報が不明な場合や、ポート転送や特殊アプリケーション設定がよくわからないので手軽に設定したい方向けの設定です。

ただしDMZはポートを全て一つのネットワーク機器に対して優先的に転送するので、個別のポート転送や特殊アプリケーションの設定は無効となります。もしも個別に複数のネットワーク対応機器へポート開放する必要がある場合は利用しないで下さい。

設定手順の説明。ルータの設定画面を表示するには前のページを参照下さい

一般設定よりファイアウォールメニュー>DMZメニューをクリックします

以下の画面に、ポートを開きたいIPアドレスを設定するのみです。

設定手順

まずDMZを有効にチェックを入れて頂いて

スポンサーリンク

IPアドレスは一般ユーザー様であれば、動的IPアドレス「WAN1」を選択で構いません。

クライアントPCIPアドレスはポートを開きたいパソコン又はネットワーク対応機器のIPアドレスを入力します。又はSelect項目からPC名(PSPやWii含む)を選択肢<<ボタンでIPアドレスを反映させる事が出来ます。

設定出来ましたら追加ボタン>適用>保存をクリック頂いて作業完了です

LAN-WN22 DMZ設定

補足

もしも二重ルータだった場合

IPアドレスで静的IPアドレスにチェックを入れLAN-WN22のWAN側IPアドレスを指定しDMZ設定頂いて、ポート開放したいパソコンを選んで頂いて、その上で元のルータタイプモデムにこちらで指定頂いた静的IPアドレスを指定し個別ポート開放する事でうまく二重ルータでもポート開放できると思います。

説明は以上です。XPやVISTAをご利用の場合はファイヤーウォール設定に該当のポートを例外設定頂く必要があります。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする