RT-S300SE ポート開放の説明

rts-300seルータ本体

RT-S300SEのポート開放説明です。このルータの特徴はオプションで無線LANカードを追加することで、PSPや任天堂DS、任天堂Wii、プレイステーション3を無線のらくらく無線スタートで間単にインターネットへ接続する事が出来るのも特徴です。

このルータを所有している方は是非繋いで見てくださいね。Wi-Fiつなぎかたを参照下さい。

備考、RT-S300SE内蔵対応無線LANカード(SC-32SE/SC-32NE/SC-32KI)が必要です。ポート作業前になからず開放したいポート番号とネットワーク対応機器のIPアドレスの確認又は固定設定完了してから作業をお願い致します。

スポンサーリンク

設定手順の説明

まずパソコンからルータの設定画面を開きます。

以下のアドレスを、InternetExplorer等のブラウザアドレス欄に以下の番号を入力されEnterキー

http://192.168.1.1 又はhttp://ntt.setup/

表示されたログイン画面

ユーザー名 user

パスワード 何か入力されている場合はそのままログイン下さい。空欄の場合user又はルータの設定画面を一番最初に開いたときのパスワードを入力下さい。

もしも上記ログイン画面ではなくエラーとなる場合はルータにログインできないページを参照下さい

ルータの設定画面が表示されましたら、まず有効な接続先を確認ください。(サンプル図)メインセッションが常時接続となっていることを確認ください。後ほど設定を作成時に必要になります。

次にルータ設定メニューから詳細設定から静的NAT設定メニューを選択します。以下の静的NAT設定項目から設定を行います。

スポンサーリンク

静的NAT設定画面が開きましたら、必ずエントリー番号1から設定を作成します。追加の設定があればエントリ番号2と番号を繰り上がります。

注意:何も設定が存在しないのに、エントリ番号5等へ設定しないで下さい。正しくルータ側で認識してくれない場合があります。

エントリ番号を選択すると以下の設定項目が表示されます。以下を参考にしてご自身の環境や開放するポート番号を入力下さい。

優先順位 かならず1から設定ください。複数設定の場合2,3,4と繰り上がって指定ください。

接続インターフェース名 こちらサンプル図で確認した常時接続名(通常メインセッション)

宛先IPアドレス 開放したいパソコン又はネットワーク対応機器のIPアドレス

変換対象IPアドレス 自分のWAN側IPアドレスを必ず指定 (注意:絶対変更しません)

変換対象プロトコル TCPもしくはUDPを選択

変換対象ポート 開放したいポート番号を指定します。

入力できましたら設定ボタンをクリックして作業完了です

大きくポートを開放するサンプル

例えば、パソコンのIPアドレスが192.168.1.2でUDPプロトコルの10000から11000まで全て開放したい場合

変換対象ポート項目に、範囲指定の場合ハイフン(-)を入れて設定する事で広範囲にポート開放する事が出来ます。

その他の設定とマニュアルダウンロード

ファームウェアの方は共通だと思うのですがIP電話に支障が出てはいけないのでご契約地位域のNTT提供ファームウェアを適用下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. kagemaru より:

    to、yurukaさん

    RT-S300SEのポート開放が出来ない場合は、接続先の設定がメインセッションがアクティブでは無い可能性があります。一度確認してもらえますか?

    接続先メニューで確認できます。
    http://www.akakagemaru.info/port/buhin/rts300se2008002.gif

    メインセッションが接続中であるのかそうではないのかを確認して下さい。

    • yuruka より:

      本当に手厚いサポートありがとうございます

      確認してみたところ
      メインセッション ISP1 常時接続
      UPnP優先にチェック 状態確立
      となっていました

      • kagemaru より:

        接続先の状態ありがとうございます。ではポート開放できていないといけないはずなのですが。一度ルータのメニューの左側の「メンテナンス」から「再起動」を開いて、再起動ボタンからルータを再起動させて見てもらえますか?

        • yuruka より:

          ご指示の通りに再起動してみました。

          この状態でルータの静的NAT設定を行えばよいのでしょうか?

          • kagemaru より:

            以前のポート開放設定が残っているなら

            1-マインクラフトサーバーを起動して、25565のポートチェックをしてみてもらえますでしょうか。

          • yuruka より:

            サーバーを起動した状態で
            ルータの静的NAT設定を再びやり直し、
            こちらのサイトで開放できているか確認させて頂いたところ
            開放されていると表示されました
            長い間サポートをしてくださったお蔭です
            本当に感謝しております
            ありがとうございます!

            minecraftで実際にマルチができるかはまだ
            試してはいませんがもし何かあったらまた質問させていただいてもよろしいでしょうか

  2. 苗木 より:

    二重ルーターによるゲーム類のポート開放に関しての質問です。

    私の使用しているルーターは『WZR-1750DHP2』というBuffalo製の物です。
    モデムは『PR-S300SE』というNTT製の物です。

    問題なのはこのモデムで、どうやらルーター機能が付いている所為で二重ルーターになってしまうようです。

    現在は回線速度減少の対策としてルーターをブリッジモードにしているのですが、ブリッジモードの状態ではポート開放ができないようです。

    通常ルーターモードであれば、ポート開放の手順として『詳細設定』→『セキュリティ』→『ポート変換』の順で開放することが可能です。

    しかしブリッジモードですと『セキュリティ』の項目が消え、ポート開放が不可になります。

    どうすればよろしいでしょうか?
    ブリッジモードでもNATタイプは2番のModerateのままです。

    • kagemaru より:

      二重ルータですのでWZR-1750DHP2をブリッジモードにしてPR-S300SEにポート開放するといいですよ。