BlackJumboDog 統合サーバソフト

WEB メール FTP Proxy DHCP DNSと計6つのサーバを同時運営できる統合日本語サーバソフトです。

BlackJumboDog 公式サイト(SAPPORO WORKS様)

BlackJumboDog 特徴

WEBサーバは安定していますが、スペックの低いシステムだとまれにフリーズする事があります。CGIは任意のディレクトリで動作可能なものの、SSIはホームディレクトリより下の階層では動いてくれません。設定は簡単ですが拡張性は限定的。

BJDのWEBサーバの設定サンプル

まず設定からWEBサーバを選択し仮想ホストを選択します。任意のホスト名を入力(プロトコルはhttpで構いません)

仮想ホスト名の作成が完了できましたら、設定からWEBサーバを選択し作成した任意の仮想ホスト名を選択して設定を行います。

以下の設定画面が表示されるので、WEBサーバを使用するにチェックを入れ、ドキュメントのルートディレクトリを任意のWindows内フォルダを指定します。ルートディレクトリにはhtmlファイルを設置するWindows内フォルダの意味です。

その他の設定はデフォルトでWEBサーバを運営する事が出来ます。細かい設定部分に付きましてはソフトウェア別質問コーナーで承ります。

cgi関連の設定はデフォルトでパス指定無い状態で動作します。CGI設定図

ssiはオプションで許可設定し、動作可能な拡張子を指定しなくてはならない。拡張子指定例:htm,html,shtml等。SSI設定サンプル図

FTPサーバはデフォルトで待ちうけネットワークがany(INADDR_ANY)とされていてそのままの設定で外部公開する事が可能です。他の設定に付きましては、フルアクセス・アップ専用・ダウン専用かを決め、認証アカウントとパスワードをクライアントへ割り当て、アクセス許可するディレクトリを指定するだけで運用する事が出来ます。

BJDのFTP設定サンプル

設定からFTPサーバを選択すると以下の設定画面が表示されます。

Ftpサーバを使用するにチェックを入れ

基本設定はそのまま(WAN側公開の場合、デフォルトポート番号は21番で構いません)

利用者を選択し

まずアクセス制限を決めます。

FULL は全てのファイルコントロールが可能。データ送信受信削除上書きが可能です。

DOWN ファイルのダウンロードのみ可能

UP ファイルのアップロードのみ可能

ANONYMOUS 選択しません

スポンサーリンク

ユーザー名 FTPクライアントアカウント名になります。

パスワード FTPクライアントパスワードになります。

ホームディレクトリ WindowsでFTPアクセス許可するフォルダを選択します。

設定出来ましたら追加からOKボタンをクリックで設定完了です。

(注:クライアント側からFTPサーバへアクセスする場合、BJD動作のドメイン名又はグローバルアドレスをFTPサーバへ設定する事でアクセスさせる事が出来ます)

BJDのメールサーバの設定手順サンプル

BJDのメールサーバは利用者を指定しなければ簡単に外部(WAN側)へ公開する事が出来ます。

設定手順

BJDの設定メニューからメールサーバを選んで頂いて

基本設定

メールサーバを使用する にチェックを入れます

ドメイン名 インターネット上でメールの送受信に使用するドメイン名を設定します。テストであればグローバルアドレスでも構いません。(注:このドメイン名がクライアントソフトに設定するSMTPサーバとPOP3サーバ名になります)

メール送信SMTP デフォルトは25番です。規制のあるプロバイダ利用の場合587番へ必要に応じて変更ください。

メール受信POP3 110番のままにします。

待ち受けるネットワークはそれぞれINADD_ANYとすればWAN側からのリクエストを待ち受けることが可能になります。

次に、POP3クライアントユーザーを作成します。

利用者タブを選択頂いて、メールアカウントを作成します。

アカウント 例:mypc この作成したアカウント名は、上で設定したドメイン名の@の手前の部分とメールソフトの接続設定アカウントを兼ねます。(メールアドレスは、上のドメインだと mypc@akakagemaru.infoとなります)

パスワード 任意のパスワード。クライアントメールソフト側で接続設定に用いるパスワードです。

コメント 日本語で構わないので任意の説明を簡単に入力下さい。

入力できましたら、追加ボタンをクリック頂いて、OKボタンで設定完了です。

Proxyサーバに付きましては、クライアント側アドレスが固定では無いとアクセスさせる事が出来ません。こちらのVPNを利用すればWAN側からのProxyアクセスを簡単に行うことが出来ます。

DNS・DHCPサーバ機能に付きましては任意でご参照願います。BJDマニュアル

説明は以上です。

サーバ一覧

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする