CTU xlink kai ポート開放

フレッツ光プレミアムでxlinkkaiのポートを開放する手順の説明

設定前に必ずxlinkkaiの設定が完了しているかまたUSB無線LANアダプタの設定も完了しているかを確認下さい。設定ポート番号がUDPの30000になっているか必ず確認ください。後ウイルスセキュリティZEROを使っている方はパーソナルファイアウォールが完全停止にしてください。不正侵入防止機能が働いてうまく通信出来ない可能性が高い為。

設定手順の説明

まずパソコンのマックアドレスを確認して控えます

パソコンのマックアドレス確認を参照して確認頂き、メモ用紙かパソコンのメモ帳に控えて下さい(インターネットに繋がっている方のLANアダプタMACアドレスです)

次にCTUへDHCP払い出し設定します

CTUの設定画面が開いたらIP払い出しを参照し、DHCPサーバ機能設定(LAN側固定IP払い出し)設定画面を開き以下の様に入力下さい。

払い出しIPアドレス:192.168.24.70

MACアドレス:冒頭確認頂いたパソコンのマックアドレス。

ハイフンをコロン(キーボード「け」の所)に変えて入力下さい

例: 00-22-33-44-55-66

入力例: 00:22:33:44:55:66

入力出来ましたら、かならず設定反映作業を行なってください。

払い出し作業が完了したら一旦パソコンを再起動しIPアドレスが192.168.24.70となっているかを確認下さい。IPアドレスの確認を参照

スポンサーリンク

次にアドレス変換設定(ポート設定)からポート開放を行います

静的アドレス変換設定画面表示方法をまず参照し設定画面を表示したら他に何も設定が無い事を確認下さい。もしも他に何かポート開放設定がある場合は削除してください。

上記に問題無ければ優先順位1と入力して追加ボタンをクリックします。

設定手順

適用する接続先番号は有効な接続先を選んで下さい。

プロトコル UDP を選びます

ポート番号を入力にチェックを入れて頂いて

開始「30000」-終了は空欄で構いません

LAN側端末IPアドレス:192.168.24.70

設定できましたらOKボタンをクリックしてください。


以上で設定完了です、CTUにはファイヤーウォールサービスが付加していますので、まず設定反映作業します。設定を反映できましたらファイヤーウォールを無効化か低の設定にしてください。

後は念の為、ウイイレ回線チェックでUPDポートの30000が制限なしで通信可能かを試して頂いて制限なしであれば設定完了になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする