WER-A54G54 WAN側IPアドレスの確認

WER-A54G54と言う無線ルータで二重ルータの可能性があるかの確認方法です。このWAN側IPアドレスとは、インターネット側で通信する際に必要なIPアドレスで、このアドレスが192番から開始されていると、WHR-G54Sと接続しているモデムがルータ機能を有している事になり、二重ルータと言う事を判断する事が出来ます。

確認手順説明

まずバッファロールータの設定画面を表示します。設定画面表示方法は前のページを参照ください。

ある項目システム情報メニューをクリックします。

以下のシステム情報画面が表示されますWANと言う項目にあるIPアドレスがWAN側IPアドレスとなります。ここのアドレスが例えば以下サンプルを参照

192.168.1.2(例:NTTルータへ接続)

192.168.0.2(例:Atermルータへ接続)

スポンサーリンク

192.168.3.2(例:YAHOOルータへ接続)

四番目の値 それぞれ共通の2は2から254までがあてはまります。

上記の様にWAN側IPアドレスが192から開始されている場合は元のモデムがルータ機能を備えているので二重ルータになる可能性が高い。

注:CATV回線やマンションインターネットでは元々ローカルIPアドレス割り当ての為192からアドレスが割り当てられている事があります。この場合契約上ポート開放は出来ません。

もしも二重ルータと判明した場合は、WER-A54G54をブリッジモードにしてルータ機能を無効化で元ルータへポート開放するか、こちらの二重ルーティングポート転送(二重ルータポート開放のヒント)を行うか何れかで設定しなくてはならないです。無線問題はWi-Fiつなぎかたをご覧下さい。

説明は以上です

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする