Aterm WG1800HP WAN側IPアドレスの確認

NECのAtermWG1800HPブロードバンドルータを繋いだが、インターネットにまったく繋がらない、ポート開放できない等の問題があれば、WAN側IPアドレスを確認して、それぞれの対応策を行なって下さい。特にフレッツの方は広帯域接続設定が必要だったり、CATVインターネットの場合はモデムの電源(10分-20分)切る作業が必要であったりする場合があるのでその辺の問題点含めて記載させて頂きます。

WAN側IPアドレス確認手順の説明

まずルータの設定画面を開いて下さい。WG1800HP ポート開放を参照。設定画面が開いたら、情報から現在の状態を開きます。まず図のここを確認の場所ですがPPPと言う表示なら二重ルータは問題ないと言えますが、PPPoE接続設定していない場合はインターネットに繋がりません。またローカルルータと言う表示の場合はもしかしたら二重ルータ問題の可能性があるかもしれません。

スポンサーリンク

現在の状態(PPP)の方でWAN(ワイドエリアネットワーク)側情報があります。もしも図のように空欄で何も表示無い場合、又は、0.0.0.0、もしくは接続無し、未接続と言う表示であれば次の作業が必要です。

またはケーブルテレビインターネットご利用で(CATVインターネットとも言います)ローカルルータの表示でここのIPアドレスに表示がない場合は、モデムの電源を20分切ってから、モデムの電源をON(機器登録更新作業)で繋がるようになると思います。

スポンサーリンク

ローカルルータと言う表示でIPアドレスが例えば192.168.0.2等先頭の値が192なら概ね二重ルータ環境です。対策方法としましてはやはりブリッジモードに切り替えて、必要であればつないでいるモデムにポート開放作業が必要になります。またIPアドレスの先頭が192以外の方で、172や10番からのIPアドレスが取得されている場合はプライベートIPアドレス割り当て契約の可能性があります。詳しくはプレイベートIPアドレス契約とはを参照願います。その他、上の説明にありました通り、0.0.0.0や未接続、空欄の状態はインターネットそのものに繋がっていないことになります。

ブリッジモードに切り替えるには

ブリッジモードに切り替えるには(アクセスポイントモードとも言う)、本体の裏面にあるRT/BR/CNVスイッチをBR側に切り替えて下さい。2分後くらいに(切り替わるのに時間が必要です)本体ランプを確認して下さい。

本体のActiveランプが橙色に切り替わったらブリッジモード動作となります。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする