WHR-HP-G54 G54S AM54G54 AMG54 AMPG DMZ設定の説明

バッファローのルータのWHR-HP-G54 G54S AM54G54 AMG54 AMPGで一台の機器にポートを全て開く、仮想グローバルIPアドレス通信を可能とするサービスDMZ項目に設定する手順の説明です。比較的設定は簡単ですので、ポート開放番号が不明な場合や、アドレス変換設定の意味がよくわからない場合、こちらの設定で簡単にポートを開放する事が出来ます。

また任天堂DSやプレイステーション3等の家庭用インターネット接続対応機器で通信エラーとなる場合この設定を行うことで改善しますので一度お試し下さい。

注:この設定を行うとDMZに指定されたIPアドレス割り当て機器へ、優先的にポートを割り当てますのでアドレス変換等の個別設定は無効になる可能性があります。

スポンサーリンク

もし個別ポート開放を行っている場合でアドレス変換が利用出来なくなった場合、DMZの設定を解除(消して)してください。

設定手順の説目

前のページの説明からアドレス変換設定ページを開きます。

DMZのアドレス項目に設定したい機器のIPアドレス(例:192.168.11.10)を入力して設定ボタンを選択すると作業完了です。

後パソコンの方はファイヤーウォールの設定変更や停止を行うことで正しくポートは開いてくれると思います。もしもDMZを適用してもポート開放できない場合は二重ルータもしくはプライベートIPアドレスご契約のインターネット環境ではないかを調べる必要があります。該当のユーザー様はルータ設定BBSまで気軽にご質問ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする