WN-G150R ポート開放

WN-G150Rと言うIOデータの子供安心ペアレンタルコントロールをオプションで追加することによってWEBフィルタリング機能を持たせる事が出来る2010年4月新発売の無線と有線LAN環境に対応するブロードバンドルータのポート開放手順の説明です。

注意事項、このルータにはログインパスワードが設定されていません。外部から簡単にルータの設定画面を表示されてしまう可能性があるので必ずルータの初期パスワードは設定しておいて下さい。

準備(IPアドレスを固定する)

ポート開放するパソコンやその他家庭用ゲーム機のIPアドレスを固定します。

IPアドレス:192.168.0.30

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ、もしくはデフォルトルータ:192.168.0.1

DNS:8.8.8.8

代替DNS:8.8.4.4

Google提供のパブリックDNSを使っております。プロバイダ指定のDNSを設定しても構いません。

IPアドレスの方固定出来ましたら必ずパソコンを再起動下さい。家庭用ゲーム機、NAS関連の方は機器を念の為再起動させて下さい。

IPアドレス固定例は以下の方を参考に設定下さい。

スポンサーリンク

ポート開放の手順説明

まずルータの設定画面を開きます。

http://192.168.0.1

上記のアドレスをInternetExplorerのアドレス欄に直接上記のアドレスを入力してEnterキーを押してください。(プレイステーション3から設定する場合はルータ設定画面表示方法を参照)

スポンサーリンク

※上記アドレスでエラーとなる場合は、192.168.1.201でお試し下さい(注意事項、192.168.0.201でアクセス出来る場合ブリッジモードで動作しています。なのでこのルータにポート開放する必要はありません)

もしもページを表示出来ないエラーの場合はこちらを参照下さい。

設定画面が表示されましたら詳細設定からポート開放メニューを開いてください。

それではポート開放の説明です

まず簡単な所からサーバのポート開放をやってみましょう。サーバソフトはインストール不要のANHTTPDを使えば簡単に通信テストを行うことが可能です。

手順、まずポートの開放を有効に必ずチェックを入れます。

説明:任意の説明を適当に入力下さい。図の通りで構いません

ローカルIP:192.168.0.30(ポートを開放したい機器のIPアドレスを入れます)

プロトコル:TCP

LAN側ポート番号:80(ローカルアプリケーションの待受ポート)

インターネット側ポート番号:80(ルータの待受ポート)

基本的にLAN側ポート番号とインターネット側ポート番号は同じで構いません。通信規制のあるプロバイダ利用時は、外部待受を80番として内部LAN側ポートを任意のポートとしてポート変換させることも可能です。

入力できたら追加から設定ボタンで作業完了になります。ANHTTPD起動した状態で80番ポート開放チェックを行ってみてください。

プレイステーション3等その他の設定

その他の設定 ファームウェアマニュアルダウンロード

その他の手順ですが公式マニュアル(PDF)を参照願います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする