WZR-HP-G301NH ポート開放

WZR-HP-AG300H関連メニュー

バッファローWZR-HP-G301NH、Dyndnsに対応したバッファロー無線ブロードバンドルータ。USBデバイスNAS機能付き且つAOSS無線方式対応で任天堂DSやWii、それにPSPやPS3を簡単に無線インターネット出来る無線有線対応ハイブリッドブロードバンドルータです。有料ながらバッファローダイナミックドメイン経由でWOLも使えます。

WZR-HP-G301NH アマゾンで調べる。ご購入前に検討するならアマゾンさんのユーザーレビューが参考になると思います

設定前の注意点:フレッツやその他イーアクセスインターネット利用時、回線終端装置(モデム)にルータ機能が無いか念の為確認下さい。WAN側IPアドレスの確認方法を参照

準備としましてIPアドレスを固定します

まずパソコン側のIPアドレスを固定してしまいます。例(VISTA IPアドレスを固定する方法を参照)

IPアドレス:192.168.11.30

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.11.1

優先DNS:8.8.8.8

代替DNS:8.8.4.4

DNSはGoogleパブリックDNSを設定ですが、プロバイダ指定のDNSでも構いません。

スポンサーリンク

ルータへのログイン

まずバッファロールータの設定画面を表示します。

エアーステーションツールもしくは、http://192.168.11.1/をブラウザに入力する事でログインする事が出来ます。

ログインする際に入力が必要なのはユーザー名のみです。

ユーザー名 root

パスワードは空欄(ユーザー様が何か設定した場合は設定されたパスワードを入れてください。)

上記の方を入力でログインする事が出来ます。

もしも上記ログイン画面ではなくエラーとなる場合はルータにログインできないページを参照下さい。

バッファローの設定画面が開きましたら、ゲームアンドアプリを選択してください。

スポンサーリンク

次にゲームアンドアプリ画面が表示されましたら左上のポート変換を選んで次を参照し設定下さい。

ポート変換より必要な情報をブロードバンドルータに入力しポートを開放します。

以下のポート変換の項目から設定を作成します。

ポート開放手順の説明

ポート変換画面が出ましたらまず練習としてWEBサーバのポート開放を作ってみましょう。サーバツールに付きましてはインストール不要なANHTTPDがお勧めです

それではサーバポート開放の設定説明です

新規追加に任意の名称を入力します 例 web (文字は英数しか入力できません)

Internet側IPアドレスとしてください。

(備考:例外としてフレッツマルチセッションもしくは2セッションサービス利用時バッファローマルチセッションポート開放の説明をご確認下さい。)

プロトコル TCP/UDPにチェックを入れます。

任意のTCPポートを選びます

任意のTCP/UDPポート:80と入力します

LAN側IPアドレスは開放したいパソコンやネットワーク対応機器のIPアドレスを入力します。

冒頭固定頂いた192.168.11.50を入力

後は入力する必要はありません。

設定できましたら新規追加ボタンをクリックして作業完了です。

以下の設定が完了出来ましたら、ANHTTPDを起動した状態で、左メニューにあるポート開放チェックから80番を入れてチェックしてみてください。ポートは開いてますとあれば成功です。以下の練習設定は後から削除してください。

範囲でポートを開放する場合

範囲指定する場合はそのポート開放(転送)範囲内に同一のポートが存在してはならない注意点がありますので気をつけて設定ください。

例えば20、21と連続するポート開放の場合図の様にハイフンで区切って設定することができます。

説明は以上です。もしもポートが開放されない場合二重ルータや2セッションの問題、Windows7のファイヤウォールの問題など確認お願いします。

その他インターネット回線がイーマンションやレオネット等のポート開放が許可されていないプライベートIPアドレス契約の可能性はないかご確認お願い致します。よくわからない方はNTTのフレッツインターネットへご変更すれば解決すると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする