WN-G300R3を手動でブリッジモード(ルータ機能無効)に切り替える手順の説明

低価格ブロードバンドルータWN-G300R3を手動でブリッジモードに切り替える手順の説明です。何故ブリッジモードに切り替える必要があるのかに付きましては次を参照下さい。

  • 二重ルータを改善する場合
  • 上流モデムとIPアドレスが競合してインターネットに繋がらない場合

通常IOデータの製品の場合は本体に動作モード切り替えスイッチがあるのですが、このモデルは価格が安い分それらの機能が取り除かれています。なのでもしもauやイー・アクセス(ワイモバイル)提供のAtermホームゲートウェイに繋ぐ場合はIPアドレスが競合してしまうので手動でブリッジモードに切り替えないとWi-Fi機能も使えないので念の為ご注意下さい。

ブリッジモード切り替え手順の説明

WN-G300R3のポート開放説明を参考に設定画面をパソコンもしくはゲーム機で開いて下さい。スマートフォンのブラウザからも操作出来ると思うのですがスタイルシートがあわないので画面を拡大して操作してください。

設定画面が開いたら左側の「インターネット」メニューを開きます。開いた画面の4つの動作モードの中に「アクセスポイントモード」にチェックを付けて設定をクリックすると2分程で動作モード切り替え完了します。

WN-G300R3のブリッジモード設定

スポンサーリンク

LANの配線を切り替える

一応マニュアルにはそのままブリッジモードで使えると書いてあるのですが、この手のタイプはWANポートが自動的にLANポートに切り替わらない恐れがあるのでブリッジモードに切り替えたら必ず以下の図の配線繋ぎ変え作業も行って下さい。

WN-G300R3のブリッジモード配線切り替え

尚、ブリッジモードに切り替えるとhttp://192.168.0.1/へはアクセス出来なくなります。無線LAN設定などを行いたい場合は以下のもとに戻すのIPアドレス設定を参照の上設定画面にアクセスする事が出来ます。

元に戻す場合

MagicalFinderと言うパソコンの無料ルータ設定ツールで元に戻すことも出来ますし、ブリッジモード動作時は設定画面を開くURLが「http://192.168.0.201/」に切り替わるので、パソコンは一時的にインターネットに繋がらなくなりますが以下の様にIPアドレスを固定すればhttp://192.168.0.201/へアクセスして動作モードをルータモードに切り替える事が出来ます。

IPアドレス192.168.0.10、サブネットマスク255.255.255.0。他空欄で構いません。

設定画面が開いたら、「インターネット」メニューを開いてルータモードにチェックを入れて設定をクリックして下さい。また配線は元にもどしてください。

WN-G300R3のブリッジモード設定

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする