Aterm WR8150N WAN側IPアドレスの確認

Aterm WR8150N WAN側IPアドレスの確認手順の説明です。ポート開放設定をしたのに通信環境が改善しない、PS3のNATタイプが3から変化しない。等の問題があればWAN側IPアドレスを確認してみて下さい。

設定画面を表示する

WR8150N ポート開放を参照しパソコンから設定画面を開いて下さい。設定画面が開いたら情報から現在の状態を開きます。

WAN側の状態を確認します

WR8150Nのまず動作モードを確認して下さい。こちらの方にある現在の状態(PPP)であれば、二重ルータ関連プライベートIPアドレス割当契約問題関係なくLAN環境は正常です。PPP且つ正常に通信できない場合はフレッツ光+ぷららご契約の場合のみです。該当するならぷららポート開放で解決出来ます。

上記の項目がローカルルータモードの場合、ページ下の方にWAN側状態の項目がありますので確認下さい。

次のようにWAN側の状態のIPアドレス/ネットマスクのIPアドレス部分、例192.168.1.2/***(***ネットマスク部なので無視してください)このように先頭の値が192から開始される場合は二重ルータの可能性があります。WR8150Nとモデムと言う機器があると思いますそのモデムにルータ機能が無いか型番をお調べの上ルータ設定BBSへご質問かGoogleで検索してみて下さい。

スポンサーリンク

その他の問題。WR8150Nと繋いでいるのは壁に挿し込むLAN差込口で合った場合等で、上記アドレスが10.0.0.2や172.168.1.2等最初の数字が10や172となる場合はポート開放できないプライベートIPアドレス割り当て契約となります。一応念の為管理会社へ問い合わせ頂いてグローバルIPアドレス割り当てオプションなどの契約可否を確認し出来ないならフレッツ光等を別途導入する必要があります。

備考、二重ルータだった場合WR8150N本体のLANケーブルが差し込まれている場所にブリッジモード/ルータモード切り替えスイッチがありますのでブリッジモード(APモードとも言う)側に切り替えて上流にあるルータへポート開放下さい。AP側に切り替えてルータ本体のランプのActiveのランプがオレンジ色点灯ならブリッジモード動作になります。

説明は以上です。

その他の説明

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする