スポンサーリンク

WRC-733FEBK-Aを無線中継器 / コンバーター / APモード切り替えと設定手順の説明

スマホ設定対応「WRC-733FEBK-A WRC-300FEBK-A」を無線LAN中継器やコンバーターもしくはブリッジモード(アクセスポイントモード)として使う手順の説明です。本製品を何台も買って使い勝手の良いインターネット環境をスマートフォンを使って簡単に構築することが出来ます。もちろんパソコン不要で設定出来ます。
WRC-733FEBK-A
 

無線中継器として使う手順

役割に付きましては無線LANの電波が届かない弱い場合の対策方法 電波を増幅中継器の説明を参照ください。
設定を切り替えるにはスマートフォンかタブレットかWidnowsPCが必要です。他の端末では動作モード切り替えと設定を行うことが出来ません。WRC-733FEBK-A WRC-300FEBK-A ポート開放の説明を参考に設定マネージャーを起動してください。
まずインターネットに繋がらなくて良いので本製品とスマートフォンまたはパソコンを繋いでください。インターネットはエラーになっても構いません動作モードを切り替えるだけですので。
繋いだら設定マネージャーを起動し「詳細設定」を開きます。
2015erewps002
 
詳細設定画面の「モード変更」を開きます。
2015erewps0010
 
「モード切り替え」アイコンをタップまたはクリック。
 
2015erewps0011
もしログイン画面が出る場合自分で設定したIDパスワードを入力してログインしてください。
 
2015erewps0012
本機の動作モードを切り替えるメニューが出ます。ルータモードはブロードバンドルータ動作の意味。APモードはルータ機能無効化動作の意味(二重ルータ対策等)。子機モードはコンバーターモードの意味。中継器モードは無線LANの電波を強くする動作モードです。ここでは中継器モードを選択してください。
 
2015erewps0013
 
次に無線LAN電波を中継する無線LAN親機のSSIDを選択する画面に切り替わります。SSIDは無線親機本体のどこかに記載があるので本体を探してください。暗号キーも同様に記載があるので一緒に控えてください。
 
2015erewps0015
パスワードですが暗号キーの事です。電波中継したい無線LAN親機の暗号キーを入力します。Wi-Fiのパスワードを調べる手順を御覧ください。入力できたら「次へ」
 
2015erewps0016
 

入力例、例えばNTTやNECのAterm系無線親機の本体のパスワードは本体の図の暗号化キーと言う英数字のものが該当するので。
NEC無線親機パスワード
 
パスワードに上のサンプル図で確認した暗号キーを入力すれば、上の親機の無線電波を中継出来ると言うことになります。
 
2015erewps0035

次に、本機を管理するためのユーザー名とパスワードを決めます。任意のもので構わないのですが忘れると若干手間ですので「admin」で統一してしまいましょう。そうすれば忘れることは無いと思われるので。
 
2015erewps0017
設定確認画面「次へ」
 
2015erewps0018
設定が保存され再起動されます。これで作業完了ですので、本体だけを無線電波中継させたいちょうど中間辺りに設置して頂ければ作業完了です。
 
2015erewps0020
 

中間辺りとは?

無線LAN親機と電波が届きにくいパソコンや3DSそれにPS3/4それにスマートフォンとの直線距離の中間位置です。例えば一回に親機を設置していて3階まで電波を飛ばしたい場合は2階の直線上の中間位置に本機を設置すれば安定的に電波を飛ばす事が出来ます。ご自宅のフロア面積が広いのでカバーできないポイントなどが出てしまった場合は、無線中継器は何台も設置できるので2台以上追加すると良いと思います。
2015erewps0021
 

コンバーターとして使う

有線LANにしか対応出来ない地デジテレビやレコーダーを簡単に無線LANに繋いでインターネットに繋ぐことが出来ます。但し無線親機は別途必要です。詳しくは無線LANコンバーターの設定説明を御覧ください。
設定マネージャーを起動し「詳細設定」を開きます。
2015erewps002
 
詳細設定画面の「モード変更」を開きます。
2015erewps0010
 
「モード切り替え」アイコンをタップまたはクリック。
 
2015erewps0011
もしログイン画面が出る場合自分で設定したIDパスワードを入力してログインしてください。
 
2015erewps0012
本機の動作モードを切り替えるメニューが出ます。「子機モード」をクリックまたはタップしてください。
 
2015erewps0013
 
こちらも無線中継器設定同様に無線親機のSSIDを選択する画面が表示されるので、無線LAN接続する親機のSSIDをタップまたはクリックして選択します。
 
2015erewps0015
無線親機の暗号キーを入力して設定を保存してください。
 
2015erewps0016
 
後は、無線中継器と違うところは、本体のLANポートと言うLAN再込みに繋ぎたいテレビやレコーダーをLANケーブルを使って本機と繋いで頂ければ自動的にインターネットへ繋がります。
補足、青いWANポートの差し込みはコンバーターモード時は使いません。
2015erewps0036

二重ルータ対策APモード設定

比較的簡単なんおですがSSIDと暗号キー設定画面が出るのでその辺説明させて頂きたいと思います。
設定マネージャーを起動し「詳細設定」を開きます。
2015erewps002
 
詳細設定画面の「モード変更」を開きます。
2015erewps0010
 
「モード切り替え」アイコンをタップまたはクリック。
 
2015erewps0011
もしログイン画面が出る場合自分で設定したIDパスワードを入力してログインしてください。
 
2015erewps0012
本機の動作モードを切り替えるメニューが出ます。「APモード」をクリックまたはタップしてください。
 
2015erewps0013
 
APモード動作時の無線LANアクセスポイント名SSIDと暗号キーパスワードを設定する画面が出ます。もし両方共空欄なら任意に設定してください。空欄では無く何か記載あれば、後でWi-Fi設定時に必要な情報なのでお控えください。
もし空欄であれば次の様に入力ください。
メインのSSIDが空欄なら「elecomwlin」
パスワードは8文字の英数で設定できます。例、「12345678」。例2、「abcdefgh」
 
2015erewps0037
ゲスト設定も同様に空欄であれば任意に設定ください。何か記入あればこちらは読み飛ばして頂いて大丈夫です。
 
2015erewps0038
 
本機アクセスIDとパスワードを設定する画面が出ます。忘れるといけないのでそれぞれ「admin」で統一してください。
 
2015erewps0050
子供タイマー2は基本使いません。有料でご購入されている場合は所定のライセンスキーを入力して適用することが出来ます。
 
2015erewps0051
APモード設定確認画面が出ます。「次へ」
 
2015erewps0052
本機が再起動したらAPモード動作となります。
 
2015erewps0053

コメント

タイトルとURLをコピーしました