Linksys WRT160NL UDPポート開放

Linksys WRT160NLUDPプロトコルポート開放説明です。

UDPプロトコルを必要とする代表的な二点のアプリケーションを用いて説明していますが、異なるポート番号の場合それぞれその値に当てはめ変えて設定頂ければ正しくポート開放出来ると思います。

準備IPアドレスを固定する

IPアドレスを192.168.0.30に固定してSingle Port Range Forwarding画面を表示します。詳しくはLinksys WRT160NL ポート開放説明を参照

ポート転送画面が出ましたらコンテンツ別に参照下さい。

xlinkkai UDPポート開放

xlinkkaiですがリンク先を参照しUDP無線LANが用意出来ているか等を確認してから設定下さい。

  1. 空欄にxlinkkaiと入れてください
  2. External Port:30000
  3. internal Port:30000
  4. protocol:UDP
  5. To IP Address:30
  6. Enabled:該当項目にチェック
  7. 入力でいたらページ下のSave Settingsをクリック

以上で作業完了です。入力できたら適用次にこちらへジャンプして下さい。

スポンサーリンク

東方緋想天 UDPポート開放

  1. 空欄にtouhouと入れます
  2. External Port:10800
  3. internal Port:10800
  4. protocol:UDP
  5. To IP Address:30
  6. Enabled:該当項目にチェック
  7. 入力でいたらページ下のSave Settingsをクリック

入力できたら適用次にこちらへジャンプして下さい。

UDPポート開放チェックをします

次にUDPポート開放チェックを参照し回線チェックツールからxlinkkaiの方は手動ポート30000と変更、東方緋想天の方は手動ポート10800に変更し回線チェック。手動ポート利用可とあればオンラインで楽しむことが出来るようになります。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする