IOデータ製 ルータ WN-WAPG/R WN-APG/Rポート開放設定方法の説明

IOデータ製ルータメニュー

IOデータのルータ設定画面表示方法

http://192.168.0.1/

上記アドレスをクリック又は、InternetExplorerのアドレス欄に入力すると設定画面を表示する事が出来ます。

※もし万が一パスワード入力画面が表示の際は、購入者が設定したパスワードを入力してください。パスワードが不明な場合は初期化するしかありません。

※2、初期化の際は接続設定も消えてしまい、インターネットが出来なくなる恐れがありますのでご注意ください。

設定前に必ず、パソコンのIP番号を調べて控えてください。

スポンサーリンク

設定手順

設定画面の[高度な設定]→[システムセキュリティ設定]をクリックします。

システムセキュリティ設定項目にて【カスタム】を選択し、[設定]ボタンをクリックします

スポンサーリンク

設定画面上メニューの[高度な設定]をクリックし、左メニューの[仮想サーバー設定]をクリックします。

★サービス名称 右側項目をクリックして【 カスタム 】へ変更します。

※WWWサーバの場合はHTTPのままでOK

★WANポート番号

  • 単一 : 開放したいポート番号が一つの場合こちらにチェックし、開放ポート番号を入力します。

    ※単一設定した場合のみ【LAN側先頭ポート番号】に同じ番号を指定します。

  • 範囲 : 広範囲に開放したい場合はこちらにチェック。開放番号 1000~2000と入力すればこの間のポート番号が全て開放されます。

★LAN側IPアドレス パソコンのIPアドレスを指定するのですが、パソコンのIPが例192.168.0.2 だとすると第四セグメントの「 2 」だけを入力します。


以上で設定完了です。画面下にある【 追加 】ボタンをクリックすれば設定は反映されます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする