テザリング スマートフォンをWi-Fi親機ルーターにする方法

インターネット接続

メニュー

Androidテザリング設定

設定アイコンをタップ。

設定アイコンが表示できない場合は「Androidスマートフォン設定メニュー表示方法」を参照下さい。

20171008ateza1

その他、またはテザリングメニューをタップ。

20171008ateza2

テザリングをタップ。

20171008ateza3

Wi-Fiテザリングの白いバーを右側にスワイプ、またはチェックボックスをタップして有効にします。

20171008ateza5

テザリングを有効にすると接続設定情報SSID名とWi-Fiパスワード設定画面に切り替わる(もし切り替わらない場合はテザリングWi-Fiパスワード確認方法を参照)

まずテザリングWi-Fiパスワードを表示させます「パスワードを表示する」のチェックボックスをタップ。

20171008ateza6

テザリングWi-Fiパスワードが表示されるので、上に表示されているSSID情報(写真ではAndroidAP)と一緒に繋ぎたい端末のWi-Fi設定を行って下さい。

設定が完了したら保存をタップして画面を終了する事ができる。

20171008ateza7

テザリングWi-Fiパスワード確認方法

テザリングのWi-Fiパスワードを調べる方法は「テザリング」メニューを開いて「Wi-Fiテザリング設定」をタップします。

20171008ateza8

スポンサーリンク

「パスワードを表示する」のチェックボックスをタップするうとテザリングWi-Fiパスワードを確認できます。

設定変更はしなくていいです。確認したら保存で画面を終了して下さい。

20171008ateza6

テザリングとは

テザリングとは、スマートフォンや携帯電話の4G・LTE(パケットデータ通信)を主回線とするインターネット接続の説明です。

docomoを始めau(KDDI)、SoftBankの各種スマートフォンで利用可能。(全ての機種ではありませんのでご注意下さい)。またauでは携帯電話に機器を装着してテザリングをさせることが出来るNEX-fiをリリース。対応機種であれば携帯電話をブロードバンドとは言えませんが通常のインターネット回線として利用可能。

テザリング通信イメージ

従来の家庭用だとブロードバンドルータを設定してインターネットへそれぞれ接続となるイメージを、テザリングを使えばスマートフォン一つで家庭内のパソコンやPS3のインターネットをつなぐことが出来る。

テザリングの回線品質

従来の光回線の様に太いトラフィックを得られないので以下のような事が考えられます。

  1. トラフィックが細い
  2. トラフィックが細いので画像動画が滑かではなくなる
  3. 携帯データ通信なので慢性的トラフィック不足によるラグ
  4. オンラインゲームができなくなる
  5. 家中に無線電波が届かない
  6. 家庭内ギガビットLAN接続はできない
  7. ポート制限が一部ある
  8. スマートフォンの熱による劣化・早期故障の原因になる

特に、スマートフォンのCPUが常に動作状態にあるので熱によるスマートフォンの故障が懸念されます。数万円するので、熱劣化故障には注意が必要になるのかもしれません。

なので、例えば一人暮らしか出張中でインターネット接続が必要になった場合の応急的なイメージでのご利用が望ましいと思います。

当サイトを見に来ている方にはお勧め出来ないインターネット接続方式だと言えます。

テザリングで繋ぐことができる端末

2017年に発売されたAndroidスマートフォンのテザリング接続方法にはWi-FiとBluetooth、有線接続USB2.0及接続方式があります。USB接続方式はパソコンのみ対応。

ChromeCastやAmazonFireTV等もテザリングで繋ぐことができるし光TV対応テレビやレコーダー、パソコンやPS4/任天堂スイッチ/PSVitaをWi-Fi方式でつなぎことができる。

テザリング対応スマートフォン

テザリングアプリ

古いスマートフォンでテザリング非対応の場合でももしかしたら下記のAndroidアプリでスマートフォンをWi-Fiルータ化することが出来るかもしれませんので一応ピックアップシておきます。(008Zでは出来ませんでした)

テザリングポート開放

2014年追記情報、パブリックIP(グローバルIPアドレス)を持つ環境(Mopera契約はOK、シムフリーは概ね不可)であればUSBテザリングならこのアプリを使うことでポート開放できる様子です。尚アプリのサポートはサイト管理者kagemaru側では行っていませんのでご了承の程お願い致します。

基本的にWi-Fiテザリングの場合IPマスカレードによるポート転送通信となりますのでポート開放が必要な場合もあります。設定の手順はAndroid SDKよりabd forwardコマンドを用いてポート転送を設定出来るそうです。現状テザリング対応Android所有ないので確認が取れませんが、マニュアルには以下のように設定すると記載されています。

  • forward <local> <remote>
  • abd forward LAN側ポート インターネット側ポート

80番ポートを開放する場合は、abd forward tcp:80 tcp:80となる様子です。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする