WN-AC1600DGR DMZの説明

WN-AC1600DGRブロードバンドルータに繋いでいるPS3やPSVITAそれにWiiUの簡単ポート開放設定DMZの説明です。この設定は基本的にポートを全て指定した端末に割り当てる事が出来、ルータのセキュリティの影響を受けずにインターネット接続をさせる事が出来ます。ただ、中にはウイルスや情報漏えいを心配される方もいらっしゃるのですが、パソコンだとその懸念はあるものの、ゲーム機ではそこまで心配する必要はありません。不正アクセスは大丈夫でしょうか?

DMZ設定

まず適用する機器のIPアドレスを固定して下さい。

任天堂端末基準で説明してます。

IPアドレス:192.168.000.060

サブネットマスク:255.255.255.000

デフォルトルータ(又はゲートウェイ):192.168.000.001

プライマリDNS:192.168.000.001

セカンダリDNS:008.008.008.008(プレイステーション関連はセカンダリDNS不要です。0.0.0.0として下さい。)

固定できたらインターネットに繋がるかを念の為確認下さい

WN-AC1600DGR ポート開放を参考にルータの設定画面左側のセキュリティを開き、上のDMZメニューを開きます。次の様に設定を追加して下さい。

スポンサーリンク

  1. DMZを有効にするにチェックを入れます。
  2. ローカルIPアドレスは192.168.0.60を指定
  3. 設定ボタンを選んで保存

以上で作業完了です。これで通信の方が改善されているかNATタイプはオープンに切り替わっているかをご確認下さい。

NATアクセラレータ設定を行う

NATアクセラレータ機能とは、ファームウェアと言うルータに内蔵されたOSでデータの送受信転送を行う部分を、アクセラレータ(通信制用チップ)機能を使い、ハードウェア側でデータ送受信処理をさせるサービスを独自に搭載。但し熱劣化による故障等の懸念もありますので、風通しのいい場所に(機器を冷やす必要があると思うので)ルータを設置された方が望ましいです。

ルータの設定画面を開いて頂いて、以下の設定を行なって下さい。備考、有線LAN接続限定です。無線通信は除く。WiiU等の場合はUSB有線LANアダプタで対応頂けると思います。

  1. 詳細設定を開く
  2. 上のNATメニューを開く
  3. NATアクセラレータを有効にするにチェックを入れます
  4. 設定ボタンを選んで保存

以上でハードウェア通信処理に切り替わりますので、これでオンラインゲームや動画の通信が遅延や途切れる問題を改善できるかお試し下さい。

NATアクセラレータを適用しても改善のない場合はDMZを適用してみて下さい。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする